企業や団体が近年になって、オウンドメディア構築の価値に気づきはじめていますね。

リスティングの広告費は急騰しているため、サイトの重要性が増しています。しかし残念ながら、95%のサイトは集客が出来ずにいるのが現状です。

サイトビジネスの成否を握っているのが、”設計”です。

このサイト設計がうまくいっていないと全然効果ができず、費用と時間をかけても全く売上に繋がりません。

回答2

サイト集客が失敗する確率を下げるとともに、売上に直結するサイトを作りましょう。

松本松本

サイトの成否は”作る前に決まっている”と聞いたらびっくりしますか?

作る前にこの4つは決めておくべき

  1. ぴったり来るサイトの企画
  2. 魅力的なサイト・記事タイトル
  3. 信頼(感)のある出筆者
  4. 特化性のあるコンテンツ

ほとんどのサイトは事前にこのようなものを決める前に作られています。

しかし実際にやってみると

  • なかなかアクセスが集まらない
  • なかなか成約が出ない
  • 滞在時間が非常に少ない

このような問題に悩まされます。

サイトはターゲットとなるユーザーを選定して、それに合わせて作られるべきなんですよね。

そのユーザーが思わず、あ!これは自分のためのサイトだ!

と思うような「ぴったり来るサイトの企画」を決めなくてはなりません。

またキーワードで検索されたときに、ライバルサイトよりも抜きん出るような、
魅力的なサイト・記事タイトル」を付ける必要があります。

最近は特に記事コンテンツの質が求められているので質の高いライターを集めて書いてもらう必要が出てきました。

知識が乏しい素人が書くよりも

権威性や信頼感があり、正しい情報を市場に提供してくれる「信頼(感)のある出筆者」が
特化性のあるコンテンツ」を書いていくべきです。

メディアサイトを立ち上げて行く前に

  1. ぴったり来るサイトの企画
  2. 魅力的なサイト・記事タイトル
  3. 信頼(感)のある出筆者
  4. 特化性のあるコンテンツ

この4つを抑えておく必要があります。

サイトの記事を書き、アップロードしていく作業は非常に多いのですが重要なのは
特化性のあるコンテンツサイトを立ち上げる前の段階にあるわけです

今回は最低限必要な4つのポイントについてお話していきました。

<関連記事>
信憑性と権威性を高めて信じさせるためには?

The following two tabs change content below.

「マーケの集い」主催 松本

代表合同会社WMC
平成生まれ。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。