最近、ウェブサイトのスマホ化が流行っていると思います。

今回のテーマは「Webサイトのスマホ対応は必須なのか?」です。

確かにスマホ対応して越したことはないのですが、
すべてのサイトでスマホ対応が必須というわけではないと僕は思っています。

もちろん対策は大切ですが、ケースバイケースです。

ある程度、売上があるなら必須ですがそうではないなら必要ありません。

回答2

今回は「SEO」と「売上」の面からスマホ対応は本当に必要なのか?についてお話します。

スマホ対策って本当に必要なのか?について動画で解説

スマホアクセスの調べ方を動画で解説

スマホアクセスの調べ方を画像で解説

Googleアナリティクスのレポート画面を表示させてください。

10.45.44

アナリティクスの左側に「レポート一覧」が表示されています。

【ユーザー】をクリック

10.45.54

【モバイル】→【概要】をクリックして行く

6.04

そうするとこのような画面が表示されます。

スマホからのアクセスは「mobile」に該当します。

これであなたのサイトのスマホからのアクセスを調べる事が出来ました!

円グラフで表示させたいとき

10.46.17

先ほどの画面の右側に円グラフのようなものがあるのでそちらをクリック

10.46.25

そうすると、「mobile」「desktop」「tablet」ごとの比率を簡単に知ることができますよ!

コンバージョンの詳細を調べる

アナリティクスを使って、コンバージョン設定をしている場合は、端末ごとのコンバージョン数を必ずチェックしてください。

コンバージョンの総数を見るだけではなくて、これらのデバイスごとにチェックしてみてください。

  • mobile
  • desktop
  • tablet

全体のアクセスの80%がスマホなのに、
全体コンバージョンの60%がスマホというケースもあります

スマホからのアクセスはあるけど、コンバージョンがしていないのであれば、スマホ対応は必須になるわけですね。

すぐにSEO効果を得られるわけではない

スマホ対応する⇨SEO効果がある わけではありません。

スマホ対応することでいきなり高いSEO効果が得られるわけではないんですよ。

コンテンツが見えやすくなったり、デザインがぴったりと枠内に収まることで「見えやすい」「読みやすい」とユーザーが思い、結果的に

  • PV率が上がる
  • 滞在時間が延びる
  • ユーザーが満足して最後まで記事を見る

このようになり、徐々にSEO効果が出てきます。

ベースとしてあるのは、コンテンツ。

そのコンテンツを見えやすくするのがスマホ対応なんです。

とりあえずスマホ対応すればいいやっていうのは間違った考えですよ。

売上がないサイトをスマホ対応しても無意味

PC版のサイトで売上が上がっていないならスマホ対応しても無駄です。

スマホ対応はあくまでも見やすくするものなので、既存コンテンツで売上が上がっていないのであれば、やっても微妙だと言えます。

    Webサイトの売上が上がらない要因

  • キーワード選定が間違っている
  • ユーザーが見たい・知りたいコンテンツではない
  • 内部リンクの構成が間違っている
  • ターゲティング設定が間違っている

売上を上げない理由は様々あるので、スマホ対応したらなんとかなるわけではありません

きっぱり言って申し訳ないですが、これは真実だと思います。。

スマホ対応するべき場合について

15.09.45
ここまでみたら、全てのサイトをスマホ対応するべきではないことはわかったと思います。

最後にスマホ対応するべき場合についてお伝えします。

  • PCよりもスマホの方が成約率が悪い場合
  • ユーザーが見たい・知りたいコンテンツではない
  • 最初からスマホユーザー向けのコンテンツ配信をする場合
  • PCがメインの時代よりも売上が落ちている

これらに該当する場合はスマホ対応するべきだと僕は思っています。

Googleアナリティクスの画面でのPCとスマホのそれぞれの反応率は解ると思うのでぜひチェックしてください。

PCとスマホのデータがあまりにも解離している場合はスマホ対応するべきです。
そうではないとせっかくの売上を逃してしまうことになりますからね!

<関連記事>
⇨誰でも手軽に出来る!スマホでのWeb集客対策を2つ伝授!

The following two tabs change content below.

「マーケの集い」主催 松本

代表合同会社WMC
平成生まれ。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。