サイト集客は人を操るビジネスではない

人を操るとか、騙すとか、そういったマインドでは絶対に成果を出すことはできません。
本当にユーザーのためを思ってサイトを作っている健全なオウンドメディア運営者の社会的な地位を陥れることにもなります。

ビジネスマンとしての最低限のマインドを持つことは求められますし、
「操作するのではなくて、寄り添う」という考え方が出来れば自然と成約率が高くなるライティングが出来るようになりますよ。

回答2

注目を集めたいがために過激な表現をしたり、嘘をついてはいけないですよ

サイト集客やブログビジネスは人と顔を合わせなくても成り立つビジネスです。
人の顔色を伺うとか、表情を見るとかはできません。

顔出しもせずに、名前出しもせずに出来てしまうがために、
良くないマインドでサイトを作る人が多いです。

このような悪い考え方はライティングやサイト構成に如実に出るんですよね。
見る人が見れば、わかります。

5.40.00

ユーザーのリテラシーも上がって来ているので、悪意に満ちたサイトでは人はモノを買おうとは思いません。

ウソの情報を伝えたり、販売する商品を越えた宣伝はしてはいけないんです。

5.40.56

大切なのは、ユーザーと寄り添う気持ち

コピーライティングとかのテクニックは確かに大切なのですが、

ユーザーに寄り添って行くんだ!というスタンスやあり方の方が私は大切なことだと思っています。

悩みを抱えているユーザーに対して、
全力で自分が知っている情報や自分のオリジナルの体験談、経験した苦悩を語りながら、

「いままで全然なにをやってもだめだったけど、でもこれを試してみたら良くなったよ!」
と商品を紹介した方が販売ページへのクリック率は高くなりますし、成約率も跳ね上がって行きます。

それはまるで、友達に口コミをするような感覚に近いですね。

自分の一番近くにいる信頼している友人が悩みを抱えていたら、
それを解決してあげたいと思いますよね。

回答

もしその悩みの解決策を知っていたら、「これが良いよ!」ってつい教えてあげたくなりますよね?まさにそんな感じです。

以下のこともやってはいけません

2.35.18

これらもついついやってしまうことってないですか?
Webサイトを見ているユーザーを脅迫するような表現をしていませんか?

サイト記事をもう一度見直してみると良いです。

無理矢理買わせる!とか、なにがなんでもこれが良い!という表現は論外です。

共感が大前提

オウンドメディアの役割は商品ページ(LP)に送客することです。

商品ページのここがいいとか、この商品のここがめちゃめちゃいい!的な営業トークは実は必要ないんですよね。

サイト記事に訪れたユーザーが”共感”を感じるようにしないといけません。

私も以前はこんなことに悩んでいた
こんなときに悩みを意識していた
これまでこんなことをやって来たけど全然悩みが解消されなかった

それでも、これを使ったら良くなったよ。
そして、以前の私のようなこんな人には非常にオススメできるよ。

こんな感じのコンテンツが非常の好まれます。

人は自分と同じ体験を経験した人に共感を感じ、そういった人がオススメする商品だからこそ信頼が得られるんです。

だから共感を前提にして、商品レビューを書くんです。

全然報酬が得られていない人は共感コンテンツがないか?そもそも人の悩みを理解していないか?のどちらかに収束されると思います。

どういった悩みがあるのか?については「知恵袋」や「はてな共感ダイアリー」を見てみると新しい発見があるはずです。

良くある間違い

良くある間違いとしてあるのが、他のコンテンツではユーザーのためを思って作っているけど、成約を狙うページだけ「買わせる感」がにじみ出るサイトがあります。

これまで仲良くしていた友人がお金が絡む話になると豹変する・・・なんて嫌ですよね。

自分の報酬に目がくらんで、自分がお勧め出来ないプログラムを報酬目的で勧めているとその後ろめたさ的なものが出て来てしまいます。本人は気がついていないと思いますが、見ている人からしたらそういうのってわかるんです。

<関連記事>
⇨オウンドメディアの成約率が70倍アップ! 成功事例を動画で解説

最後まで寄り添って上げる

最初から最後までユーザーと寄り添うことを目的としてサイト記事を作って行ってください。人は操られることは嫌いますし、操ろうとする人は嫌われます。

回答

信頼は積み重ねるために多くの時間を必要としてますが、信頼が崩れるのは一瞬です

ウェブ集客技術は人を操るスキルではありません

<関連記事>

⇨なぜサイト集客は難しい?ビジネス面から徹底解説!

オウンドメディアで6ヶ月間1円も稼げなかった理由 松本の実例

オウンドメディアの成約率が70倍アップ! 成功事例を動画で解説

The following two tabs change content below.

松本 達弘

「全国の落ちこぼれたちのスターになりたい」中学3年時の国語偏差値28英語偏差値32。平成。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。