爆発的なアクセスを瞬時に集めるトレンド集客術。

比較的誰でも実践可能で収益化しやすい方法ですが、限界があります。

ついつい他のライバルサイトと類似したコンテンツにやってしまいませんか?

類似コンテンツでもアクセスは集まりますが、長期的に見たらあまりよくありません。

サイトにファンがつかず、記事更新をし続けるようなある意味で肉体労働に陥りがちです。

これを知るだけでも、
PV率を増やしたりブックマーク登録数を増やすヒントが見つかるはずです。

トレンド手法はやり方さえ慣れてしまえば簡単に誰でも出来る。

しかしだからこそ、「限界」が生まれてしまうのです

解説動画

結局中身が同じコンテンツになってしまう

これが一番の限界だと私は感じています。

今話題になっているキーワードで記事を作って行くわけですが、
そのキーワードを軸にし、コンテンツはWeb上にある情報を元に作って行ってきます。

トレンド手法は広く知られているので、ライバルも同じような情報源からコンテンツを作って行きます。

だから結局、どれも同じようなコンテンツになってしまう

キーワードで調べたユーザーからみたら
「どのサイトも同じこと言っているよね!」と思う訳です。

だから差別化ができない。

インターネットでビジネスをやっていく中で最も大切なのは「差別化」です。

誰に対して、どのようなコンテンツを発信していくのか?が鍵ですが、
同時に市場の隙間を狙うジャンルや自分しか提供できないコンテンツを公開し続けなくてはなりません。

たくさんのサイトが同一画面上に表示される中で、

または
「検索順位が1位じゃないとアクセスが集まらない」のはリスクあることです。

検索順位1位の記事から10位の記事まで同じようなコンテンツだったら、
1位を見て、次に2位を見て終わり。

ユーザー心理を考えてみると、どこ見ても同じだから大差ないよね。で終ってしまうわけですね。

<関連記事>
CVが無くて困っているならSEOにこだわりすぎず悩みが深いキーワードで記事を書け!

タイトルを過激にせざるをえない

コンテンツが同じなら、記事を見てくれるための施策として考えられるのは

過激なタイトルをつけること

トレンドのキーワードで検索した人が
検索順位1位から10位までに掲載されているサイトのうち、どれをクリックして閲覧するのか?

検索順位も考慮にいれますが、それよりも面白そうなタイトルをクリックします。

だから、サイト運営者側も過激でクリックされそうな記事タイトルも付けようとします。

でも過激なタイトルと中身がマッチしていなかったら、PV率はめちゃめちゃ悪くなりますし、あまり褒められたものではありません。

「なんだ、タイトルに釣られてしまった」とユーザーは思うので離脱をしてしまうわけです。

滞在時間もSEOに考慮されるので、最初は過激なタイトルでアクセスを集めることができるかもしれませんが、
Googleに質の悪い記事だと認識されたら、徐々に記事の検索順位は下がって行きます

類似コンテンツになりやすい
タイトルとコンテンツがマッチしていない

トレンド集客の限界とはこの2点になります。

しかしこの限界を突破していく方法もあり、それを行えば中長期的にアクセスを伸ばすことも可能です。

限界突破の方法

トレンド集客はライバルと差別化することが難しく、
例えアクセスを集めることに成功したとしても、集め続けることができません。

成約型とは異なり、放置していてはアクセス数が減って行きます。

ずっと記事を書き続けないといけないビジネスなわけです。
これって結構問題だと私は思うんですよね。

解説動画

自分の主観を記事に追加する

差別化するために、おすすめなのは記事に自分の主観を交えて行くです。 

事件・芸能・ファッション系のトレンドキーワードにはライバルもたくさんいますし、結局情報源が同じになってくるのでコンテンツも同じになりがち。

そこで客観的な事実に対して、
自分なりの解釈を交えたり、自分なりの感想を付け加えて行く

こうするだけでも自分なりのオリジナルコンテンツができます。

その自分なりのオリジナルコンテンツが面白ければブックマーク登録も増えて行きますし、ブログにファンが付きやすくなるわけですね。

情報がありふれた時代で求められるのは個別の意見です。

だから積極的に自分の意見を追加していきましょう。

自分の専門分野にトレンド集客ノウハウを活かす

私もトレンド集客術を使ってサイト運営しています。

このノウハウでアクセスを集められるので
自分が管理している専門分野サイトでも実践しています。

トレンドのキーワードという切り口で自分の専門分野を語る記事を作って行く
それだけでアクセスを大量に集めることができるわけです

みんな同じような記事になってしまい、結局差別化ができない。

これじゃあ、中長期的に収益をもたらすことはできません。

トレンドキーワードを見つけて、なんとなく記事を追加するよりも自分が得意なジャンルの話と掛け合わせるだけでアクセスは安定してきます。

私の専門分野のサイトとして
健康系・恋愛系・マーケティング系のサイトを17-20サイト運営しています。

トレンドキーワードを元に記事を書いているものもありますよ。

トレンドだけをやっているケースよりも比較的簡単に安定化させることができます。

サイト上にたくさんライバルがたくさんいるなかで
どのように自分の活路を見出して行くのか?

トレンド集客術は作業ベースとなりがちですが、大切なのは、思考ベースで作業することですよ。

The following two tabs change content below.

松本 達弘

「全国の落ちこぼれたちのスターになりたい」中学3年時の国語偏差値28英語偏差値32。平成。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。