起業家に求められる資質は何かと問われれば、「行動力」と私は答えます。

未来を作っていくのは理論ではなく、実践です。

大量行動をして未来を切り開く

いまよりも高い次元でビジネス展開をしたいと思っているなら
大量行動する ことをおすすめしています。

誰よりも行動をし続ける、しかも大量に

とりあえず行動することでビジネスは発展して行きます。

  • ブログでたくさんアクセスを集めたいなら1日1万字文章を書く
  • セールスマンなら最低1日5人と逢う
  • プログラマーなら1日10時間はコードを書く
  • 知識をつけるために1日5冊本を読む
  • 受験生なら1日15時間勉強する

自分なりの成功を掴むためには
アイディアを出すだけ、ビジネスを勉強するだけでは成功しません。

それに伴う実行があって初めて、形が作られて行くのです。

”想像”と”創造”の違い

モノは2回作られる

1回目は頭で思い浮かべたとき
2回目は実際にそれが作られたとき

なんとなく考えて実行するよりも、
モノが2回作られることを意識してみましょう。

そして想像と創造の違いです。

思い浮かべるものが”想像”
実際に作り出す方が”創造”

戦略と戦術の私なりの定義が

戦略が想像 で 戦術が創造 です。

どちらが大切なのか、と問われれば間違いなく戦略(想像)でしょう。

当てずっぽうにやっていくよりもまずは頭の中で思考し、組み立てる。

  1. 自分が向かって行く方向はどこなのか
  2. 自分の行き先はどこなのか

想像してそれらを確認してください。

そして、方向性が決まったらどうやったらその方向へ行くことができるのか?

手段を考えるのです。

行き先が決まり、必要な手段がわかったら、すぐに実行する

どんなに素晴らしい想像が出来ても、実際に作り出す事が出来なかったら意味がありませんからね

やろうと思っていた
と先延ばしすることってありませんか?

先延ばしは人間らしい癖ですが、実行あるのみですね!

やっている人は全てやっている

「どんな分野でも、大成功を収めている人をじっくりと眺めてみたら、きっと『あの人があんなにうまく行っているのも不思議ではないな。あの人のやっていることすべてを見てごらんよ』とつぶやくことになると思うよ」 p179

「私は、30人の新しい患者さんに来てもらうひとつのやり方は知りませんが、一人の新しい患者さんに来てもらう方法を30通り知っています。
そして私は、その30通りをすべて実行するのです。」p181

ダンケネディ「大金持ちをランチに誘え!」東洋経済新報社 2007年4月12日出版

今輝いているビジネスマンもうまくいっていない時代にはそれなりの行動をしていました。

それくらい行動できれば成功するよな と思えるほどやっているのです。

しっかりと行動していければ、その姿を見ている人たちは応援をしてくれますし、思いがけないチャンスが広がっていくでしょう。

起業家は働きすぎて血尿が出たり、過労で倒れたなんてことは当たり前です。

自分自身も起業した時に全く人脈がなかったので最高で月に22回交流会に参加しました。引っ込み思案な自分を変えるため、そして売上に繋げるために考えついたことはやっていました。

奇跡的な「たまたま」にどう出会うのか?

人と逢ってビジネスに発展する確率は10%もありません。

ビジネスによって確率は異なりますがかなり低いといえますよね。

仮に5%だとします。
100人あって実際に取引出来るのが、たったの5人。

たった5%という確率の中で

一番最初に出会った人と取引き出来る人もいれば、200人と逢っても取引できない人もいます。

どんな人が5%の確率の中で、”当たりを引く”事が出来るのか?はわかりません。
ただくじが入っている箱すべてを引く事が出来れば間違いなく誰かしらと取引することはできますよね。

当たりの確率を上げようと自分自身をブラッシュアップさせることも大切ですが、

当たりを引くまで行動し続けることも重要です。

行動せずに自宅でのんびりしている人が大金や人脈を掴むことは一切できません。

自分でビジネスをやっているとどうしても厳しい、辛い時もありますが、前を向いて大量行動をし続ける

やったか、やっていないか、
ビジネスの世界は非常にシンプルだと思います。

回答

ビジネスはフェアな世界。やったら贅沢できるし、やらなかったら貧乏で食えない。だからやるしかない

The following two tabs change content below.

松本 達弘

「全国の落ちこぼれたちのスターになりたい」中学3年時の国語偏差値28英語偏差値32。平成。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。