僕はマーケティングコンサルタントとして、
インターネットビジネスやリアル店舗の経営者はもちろん、

新しくコンサルティングビジネスを始めようとする方にもコンサルティングをしています。

新しくコンサルティングビジネス事業を始めたいという方に

実績がないのですが、それでも出来ますか?」と質問されたので

今回は実績をテーマにしてお話していきますね。


無料メールマガジンのご案内


いきなりうるのではなくて、無料体験から始めてみる

この記事を見ている人は、

「実績」というワードに縛られているのではないでしょうか?

もしそうであれば、まずは無料でコンサルティングをして見てはいかがでしょうか?

無料であれば誰も断ることはありませんし、無料でやる期限を決めておけば、満足してもらえたらすぐに有料の契約が結べるはずです。

実際にコンサルティングをしながら、学べることは多くありますし、人との繋がりの中で仕事ができる充実感も味わえます。

実績がないから行動できない、、と悩んでいる方はまずは無料でやってみてください。

前提:実績はあった方が良い

実績はあった方が良いのは言うまでもありません。

抱えたクライアントの数や取引額も実績として使えます。クライアントが有名で著名な方であればそれも大きな実績となるでしょう。

  • 某テーマパークのインターネット集客のコンサルティングをやっていました。
  • テレビに取り上げられたこともある有名な○○院の売り上げアップコンサルをしていました。

このような実績がある人と、ない人では取引できる単価が異なってきますよね。

なぜ実績があった方が良いか?というと、

「見込み客は導入後のイメージしやすいため、買い易くなる」からです。

頭の中で明確にイメージができ、費用対効果がある!と確信してもらえない限りは、契約は発生しません。

特にコンサルティングは目に見える有形物ではないため、イメージできないとどうしようもないんですよね。

クライアントさんは「どうやって自社の悩みを解決し、欲求を満たしてくれるのか?」とか興味を持ってくれません。

もし、実績を見せたくないのであれば、実績以外で話を聞いた人が納得できる証拠や根拠を伝える必要が出てきます。

注意点:実績は取引する前にしか効果を発揮しない

華麗なる実績があった方がいいですが、これが効果を発揮するのは取引前だけです。

だから契約した後は、ちゃんと契約を履行し顧客満足度をあげていかないといけません。

これは聞いたら当たり前!と思うかもしれませんが、忘れがちなポイントなので伝えてきました。

大きな実績、他人よりも優れたアピールポイントがあり、それが決めてとなって取引が成立したとしても大切なのは、取引で発生した金額よりも相手が満足するか です。

実績を出している人と繋がりたいからお金を払ってくれる人もいるかもしれませんが
基本的には対価としてしっかり仕事が出来るか? です。

だから実績は仕事を取るためには有効なのですが、仕事を”完成”させるために必要なものではありません。


無料メールマガジンのご案内


実績は些細なものでも構わない

実績はそもそもどこから発生するのか、 考えたことがありますか?

基本的には「自分で作り出していくもの」。

そしてその実績は些細なことでも構いません

些細な実績かもしれませんがそれを自分でアピールしていくことで徐々に人は集まっていきますよね。

コンサルティングに例えると

月収を20万円アップさせる売り上げアップコンサルタント!
これを見た人の中には「どうしても売り上げを20万円でいいからアップさせたい」方もいます。

集まった見込み客に対してセールスをし、成約をさせて経験を積むことで
月収を50万円アップさせる売り上げアップコンサルタントに変貌を遂げることができるはずです。

「月に100アクセスを呼び込むインターネット集客ノウハウ」を販売するにしても、月100アクセスは少ないかもしれませんが、アクセスが0の人には魅力的に映ることもあります。

些細な実績かもしれませんが、”0” ではないですよね?

もし実績がなくて、そして対価に対する仕事ができなければ、ビジネスはやらない方がいい、もしくはやってはいけない可能性があります。

最初は自信がないかもしれませんが徐々に数をこなしていくことを意識していきましょう。

実績が小さい方は成長している姿を見せるべき

インターネット集客を例にとると、

月商1000万の人と月商20万円の人とでは、どちらがクライアントを獲得しやすいか?というと前者です。

前者の方が魅力的に映ります。

しかし仮に月商20万円しかなかったとしても、クライアントを取ることは不可能ではないんですよ。

月商0円から、5000円、3万円、10万円、20万円の道のりはどうだったのか?を伝えれば、ある程度の層には響きます。

人から聞いた成長物語を自分に投影する人は意外にも多いです。

もちろん実績が0であれば、コンサルティングビジネスはできませんが、少しの実績でも走り出せる!ことは覚えておいてくださいね。

実績よりも実力をつけていけ!

実績は過去の話であり、ビジネスは未来の話です。

確かにこれまでの取引履歴や年商を聞かれることはあるかもしれません。

しかしそれが例え凄かったとしても大切なのは対価に見合った仕事ができるか?です.

しっかりとした実力を付けることができたら人は興味を持ってくれますし、

質の高い情報をインターネット上でもリアルでも発信することで「この人は凄い!もう少し話を聞いてみたい!」と思ってくれます。

数字はあくまでも二次的なものであり、本質は実力を付けることではないでしょうか?

そうすることで自分なりのブランドを確立することができるはずです。

どれだけ実績があって見た目も綺麗だったとしても話したらがっかりする!なんて思われないように気をつけていきましょう。

ある程度の実力があれば、「実績はありますか?」なんて聞かれません。話をしながら、相手に説得力のある内容を伝えていけばそれだけで仕事は取れるはずです。

The following two tabs change content below.

「マーケの集い」主催 松本

代表合同会社WMC
平成生まれ。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。