2017年12月にグーグルのアップデートが行われ、健康系・医療系サイトの検索順位に大きな変動がありました。

私の知り合いの中にも健康メディアで情報発信している人や健康系アフィリエイターはいますが、皆例外なく「やばい、一気に稼げなくなった」と言っています。

これまでアップデートで検索順位を落としたことがなかった私のサイトたちも順位変動によってアクセスはかなり下がってしまい、ショックです、、、

私が管理している健康系メディアは知り合いの治療家さんと組んで作っており、治療家さんのプログラムを販売しています。

アップデートによってアクセス数は3分の1に下がってしまいましたが、それでも収益は下がっていません。

それはなぜなのか?について話していきますので参考にしてください。

情報を本や論文から取ってきたor専門家から聞いた

回答2アルゴリズム

どのサイトも適当なことばかり言ってるな、しかもアフィリリンクばっかりだし。これじゃあユーザーには価値がないよね

健康系サイトが圏外に飛んでいった背景には「情報の質が担保されていない」ことをGoogle側が重く見たからです。

そのために厚生労働省のサイトや病院のサイトが上位表示されるようになりました。

ではしっかりと信頼性があるコンテンツ記事だったらどうか?

もちろんGoogle側が「この記事は信頼性がある」「このサイトは本当のことを書いている」と正確に判断するのはかなり難しいのですが、ユーザーのためを想って書いた記事でならば、ある程度は認められるようになっているわけです。

情報の信頼性を確保するためには、たくさんの本や論文を読み込んで行かないといけません。

ネットにある情報をただリライトするだけでは不十分であり、リアリティーがありませんよね?なので今回のサイトを作るに当たっては

かなり事前に情報収集を重ね、「この情報なら信頼できる」までに情報を落とし込んでいました。

記事は私の方でディレクションと修正を行い、治療家の方に書いてもらいました。

しっかりと学ばれている方なので情報自体の信頼性もありますし、オリジナリティーもあります。

意識したことは「ユーザーと専門文章の架け橋となる」

厚生労働省や病院のサイト記事はちょっと専門用語が多かったり、独特な表現や素人が聞いたこともないような数字単位が多くあります。これを全て素人が理解できるわけありませんよね。

私はそこにビジネス勝機があると捉えています。

難しい表現や用語を簡単にかつ分かりやすい表現をして、ユーザーに届けるというスタンスに立てれば報酬を積み立てられる勝機があると判断しました。

ユーザーと専門文章の架け橋となる」何か新しい表現をしたわけでもなく、ただこの一心だけでサイトを作っていきましたね。

2017年12月のアップデート前に作ったサイトだったのですが、「ユーザーと専門文章の架け橋となる」というスタンスが結果的に高い成約率を出せた要因です。

ユーザーと専門の中間くらいにメディアの立ち位置を定め、わかりやすく図解で解析したりしています。

著作権は尊守する

健康系サイトは信頼性がめちゃめちゃ大事です。なので著作権は絶対に侵害してはなりません。

著作権を無視した健康メディアは星屑となって行ったでしょう。これからは著作権を侵害するメディアの風当たりはますます強くなって行くと思われます。

  1. 引用元を明記する
  2. 出典を明記する
  3. 画像を引用する場合は画像を自社サーバーに載っけない

Google検索エンジンはかなり進化してきているので、バレないと想っても著作権を侵害するコンテンツはすぐにバレて、サイト全体の評価が落ちる危険性が高いです。

著作権すら守っていないサイトに信頼性は感じないですからね。十分に注意しましょう。

ターゲットを絞り混む

ターゲットに合わせてコンテンツを作っていくことで、サイト記事の成約率を引き上げることはできます。

情報の質や情報の信頼性は正直、厚生労働省や病院のサイトには勝てません。

そこで勝負するのではなくて、あくまでもユーザーから得られる「共感」で勝負することを念頭においてください。

ターゲット設定がいまいちわからない場合は、知恵袋やはてな匿名ダイアリーで狙う健康系キーワードを入力して、調べていきましょう。

悩みが深いキーワードを選定する


これは悩みの軸と時間軸を表したイメージ図です。

悩みの軸は深く、時間軸が長いユーザーを狙った方が成約が出やすいことは簡単にイメージできると思います。

例えば睡眠を例にとってみると

最近ちょっと寝れていない人」と「何年間も薬を服用しているほど眠りに悩んでいる人

どちらをターゲットにするべきなのか?は歴然としていますよね。

悩みが深いキーワードならユーザーは検索順位が20位だろうと、30位だろうと見てくれるわけです。

このあたりに関しては、「CVが無くて困っているならSEOにこだわりすぎず悩みが深いキーワードで記事を書け!

この記事で解説しているので参考にして見てください。

ルールは守ろう

薬事法、景品表示法などのルールを守らない人が多くいたためにこのようなアップデートが起きました。

ルールを守っていないサイトは次々に飛んでいきます。

そしてこれは健康メディアに限ったことではありません。

法律はもちろん、規律や常識や社会通念は守るようにしないと、これまでに費やした費用や時間が無駄になってしまいます。

これで全てがダメになったわけではない

健康メディアの全てが圏外に飛んで行ったわけではないですよね。

様々なキーワードで解析してみると、まだ生き残っているオウンドメディアサイトはありますし、中にはアフィリエイトサイトでも上位表示されているものもあります。

それらを細く分析すると、どのようなサイトが残って行くのか?がわかるはずです。

私がざっと見た中では、ドメインが「.org」のサイトは残っている印象があります。

.orgとは
「.org」は組織・機関・団体(organization)のドメイン。

「.org」の中古ドメインもネットで販売されていますからね。もし健康メディアを立ち上げる予定がある人や、既存のメディアの復権をしたい方は使ってみると良いかもしれません。

最後に

健康系サイトが今後どうなるか?は正直誰にもわかりません。

全く検索順位が戻らないサイトもありますし、徐々に検索順位が戻っているサイトもあります。

どんなワードが含まれるサイトは飛んで、どのようなコンテンツが入っているサイトは生き残るのか?
これについてはまだまだ研究の余地がありそうです。

しかし大切なのは、グーグルが目指すところを理解し、自分なりに汲み取ってサイトを作ることだと私は感じています。

グーグル検索エンジンの理念
「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである」

これをあなたなりに解釈し、コンテンツとして反映させて行ってください。

ウェブ集客は1日では完成しません。絶え間ないテストと情報収集を積極的に行っていくことが大切です。