無料メールマガジンのご案内


まずは簡単な自己紹介をお願いします

ITコンサルタントをしている高橋亮太です。

システムエンジニアを4年経験後、よりお客様に近い存在で、ITの課題を解決したいと思い、ITコンサルタントとなりました。コンサルティング業務からアプリケーションの要件定義・設計・開発に至るまで、上流から下流までサポートしています。

なぜ高橋さんは、検索代行というサービスを思いついたのですか?


 情報に溢れている昨今で、物事を調べるときに「ネットを利用する」ということは当たり前になっています。

例えば自分であれば、プログラミングコードの書き方であったり、エクセル、パワポの使い方だったり、プライベートでは美味しいお店を見つけたりと、仕事でもプライベートでも、物事を調べるということは日常になっています。自分に限らず皆さんも同じだと思います。

 あるとき、友人とご飯に行こうとしてお店を調べる時がありました。

自分はお店を調べるときは、googleで口コミサイトを利用しますが、プラスInstagramやtwitterといったSNSも利用します。ただ友人はgoogleでの口コミサイトしか利用していませんでした。なぜ自分がSNSでも検索したかというと、お店や料理の雰囲気や直近で行ったことのある人の生の声をSNSの方が拾いやすいと考えているからです。

今まで調べる事柄によってgoogle検索だったり、SNSで検索したりと使い分けることが普通だと思っていましたが、若い世代を除いて、大半の方々は、検索方法を使い分けるということは、あまり浸透していない、というかgoogleでしか検索しないということを知りました。

 上の例は、プライベートな例ですが、仕事面でも同じことが言えるのではと考えました。仕事でも調べ事でも時と場合によっては、私はSNSを利用したりします。

 また検索するときのキーワードにも注目すると、同じ物事を調べるにしても、他の人と私では、キーワードの入れ方、2回目、3回目の検索の仕方が違うことに気づきました。

 ということで、皆さんは物事を調べていて、自分が求めていた答え、納得のいく答えにたどり着かなかった経験はありませんか。

もちろん自分もありますし、皆さんも1回は経験したことがあると思います。

ではなぜ自分が求める答えにたどり着くことができないのかというと、「そもそも答えがない」「検索の仕方が不足していた」のどちらかに分類できると考えられます。

そもそも答えがないというのは、いかに正解に近くことができるかが、検索の上でも正解と考えられます。

検索の仕方が不足ということは、ただやり方がわからないだけですね。

どう上手な検索をするのかというと、ポイントは2点あります。「検索で利用しているプラットフォーム」と「キーワードの入れ方」です。この2点をうまく利用できると、自分が求めていた答えに大きく近くと考えられます。

 では検索が上手にできると何が良いのか。それは、「時間の短縮」と「偏りのないアウトプット」ができるようになります。

つまり情報収集能力を高める事で、アウトプットまでの時間を短縮するとともに、質の高いアウトプットを行うことができます。

昨今では人手不足と言われる中、業務的にはやることが非常に溢れてしまっています。少しでも時間を短縮することで業務の効率化、そして、短縮できた時間で、他の業務に着手することができます。

企業としても業務の効率化、そして働いている方々は、より仕事のパフォーマンスを高めることができると考えられます。もしかしたらパフォーマンスが上がることで、給料も上がることかもしれません。

情報に溢れた世の中だからこそ、その情報をより効率的により質高く取得することが、スキルとして必要だと考えています。

サービスの特徴を教えてください

 まずサービスとしては2つあります。「検索代行」と「検索サポートコンサルティング」です。

 「検索代行」は、Line@を利用した検索を代行するサービスです。

月額500円で10キーワードまで、代わりに検索をします。知りたい事柄の概要を軽く知りたいけど、自分で調べるのはめんどくさいな、自分で調べるほどでもないなといった事柄を知りたい人にはうってつけのサービスです。

 「検索サポートコンサルティング」は、1時間5000円で、検索をどうすれば上手にできるのか、検索が上手にできることでどう業務に影響するのかをコンサルティングいたします。
 


無料メールマガジンのご案内


他の会社さんとの差別化されている部分を教えてください

 そもそも「調査」を専門としているリサーチというサービスはありますが、「検索」を専門にしているサービスは他にありません。

もちろん掲示板や知恵袋のようなサービスはありますが、これらはあくまで「意見」であり、求めている答えと違うことが大いにあります。

また検索という切り口で業務が効率化するといったサービスも他にはない、オリジナリティあるサービスになります。

お問い合わせからサービス提供までの流れを順を追って説明してください

「検索代行」は、Line@に登録していただければすぐにサービスを利用できます。

「検索サポートコンサルティング」は、まずはヒアリングからさせていただきます。

ヒアリングの時点では、そもそも検索のノウハウではなく、検索という行為によってどう業務が効率化するか、そもそも検索を上手になる必要があるのかを判断させていただきます。

どんな方に検索サービスはオススメですか?

 検索行為をそもそも上手になりたい方や、業務を少しでも改善したいと考えている方におすすめです。

 また正直いうと若い方々にはあまりおすすめしないサービスです、なぜかというと生まれて小・中学生の時からスマホが当たり前の世代は、検索能力がそもそも優れているからです。

なので、つまり情報が溢れてしまって少し情報収集に遅れてしまっているかもと少しでも感じたことがある方には非常におすすめです。

高橋さんが目指す未来や目標を教えてください

 検索という行為は日常の一部であり、上手に検索しようという意識はあまりないと考えています。

ただこの情報に溢れた世の中で情報の取捨選択は重要であり、いかに早くいかに精度の質の高い情報を取得することは、スキルとして必須と考えています。

そして情報は今まで以上にもっと増えていきます。

より良い情報を取得できなかったために損をしたり、うまく立ち回れなかったといったことが少しでも減ればと考えています。検索が上手にできるというにはスタンダードなスキルになることを願っています。