全然やりたいことが見つからず、周囲から取り残されてしまっていると焦っている人は他にいませんか?

僕も以前はやりたいことが見つからず、、、な状態でしたが今では全力で生きています。

そんな僕に何があったのか?を解説しながら、人生を豊かにする方法を伝えます。

「やりたいことが見つからない・・」と思っているだけで立派です。もう半分、成功したようなものです。

なぜなら、ほとんどの人がやりたいことすら見つけようとはしていないからです。

せっかく悩んでいるのであれば、最後までこの記事を読んでみてください。確実に参考になるはずですので。

中卒ニートが早稲田大学へ入学し起業した僕のプロフィールはこちら


無料メールマガジンのご案内


実現できるかどうか分からないくらい大きい欲求でもいい

やりたいことが見つからないと思っていたとしても、

壮大にやりたいことはあるのではないでしょうか?

  • 有名なタレントさんと付き合いたい
  • 高級マンションに住みたい
  • とても美味しい料理を食べたい
  • 毎月海外旅行に行きたい
  • たくさんの友人を作りたい

など、実現できるかどうかは別として、

このような欲求を持つことも大切です。

やりたいことが見つからないとしても、達成したゴールはあるのではないでしょうか?

自分の可能性に蓋をしない

やりたいことができた時に、それを周囲に言ったら

「そんなことできないよ」
「やめた方がいいよ」

なんて言われて経験はないですか?

そのように言われてしまうとセルフイメージが下がってしまい、

本当はできることもできなくなってしまいます。

また、過去の経験から夢を諦めてしまったり、頑張っているのに報われないと勘違いしてしまった人も多いのでは?

自分のことを自分よりよく知っている人間はいません。

だから自分の可能性を最後まで信じてください。

周囲にどんなことを言われても

「大丈夫、自分ならできる」と胸に言い聞かせれば新しい展開が見えてきます。

「やりたいことが見つからない」と悩んでいること自体が立派です。

なぜなら普通の人はそこまで自分の人生に本気になれないから。

でもあなたは違います。必死で自分のやりがいと向き合っているのです。

この気持ちだけでも非常に素晴らしいことだと思いますよ。

常にアンテナは張っておく

人は1日に10万回思考し、9000回の判断をしていると言われています。

9000回の判断の中で意識している回数はたったの30〜50回程度です。

日々、たくさんの情報に晒されていますが脳の中で無意識的に取捨選択を行なっているため、必要ない情報は勝手に削除されます。

常にアンテナを張るだけで、自分に必要な情報を意識して判断できるようになるんです。

心理学でカクテルパーティー効果というものがありますが、これは集団にいても自分の名前を呼ばれる声だけはハッキリと聞こえる効果です。

これと同じように自分が取りたい情報にしっかりと反応できるように心がけておきましょう。

どの情報にアンテナを張っておくか?で人生は変わると思います。


無料メールマガジンのご案内


少しでも光が見えたらとりあえず一歩踏み出す

気持ちだけで終わらせてはいけません。

失敗してもいいですし、全然うまくいかなくても構いません。

大切なことは一歩踏み出すこと。

一歩踏み出してみないとどのようなことが起こるのか?はわかりませんよね。

もしかしたら簡単にスイスイやっていけるかもしれませんしそうではないかもしれません。

しかし自分の体験は全て血となり、肉となります。

良い・悪い関係なく、自分の経験値を貯めておけばいざとなった時に、無類の力を発揮できるかもしれません。

自分とは考えが異なる人たちと出会う

自分とは違う考えや価値観を持っている人と話すだけで世界は広がって行きます。

大きな刺激を受けますし、新しい価値観と出会える可能性が高くなりますね。

そのような人たちと接点を持てるようにしておいた方が絶対に人生は豊かになります。

僕はウェブマーケティングで起業しているので、最初の2年間は人と出会う回数は非常に少なかったです。

しかし3年目に突入してから徐々に経営者の方々とご縁をいただき、新しい価値観や思考方法をいただけるようになりました。

人との出会いにレバレッジがかかるたびに、新しい事業の生まれて行ったんです。

自分だけでは1馬力ですが、経験豊富な人たちの中にいれば、経験もいただけるので何馬力にもなります。

人との出会いで、足し算から掛け算になって行った感覚は一度経験すると非常に面白いですよ。

やりたいことが見つからない人も、異なる価値観の人との出会いでやりたいことが見つかるかもしれません。

情報収集を怠らない

やりたいことが見つからない場合でも、興味や関心があるものはあるはず。

少しでも心が惹かれたら情報収集を積極的にやってください。

やりたいことが見つからない人向けの情報収集の方法は、

  • 人と出会う
  • 人が集まっているところに向かう
  • SNSを駆使する

この3つがオススメです。

SNSでの情報収集は結構利便性が高いです。

情報を集めるための専用ツイッターアカウントを開設して、日々眺めています。

「世の中にはこんな人がいるのか!」と自分ができないと思っていることを平然と行っている人たちの存在を知れるだけで、

思考に高さが出てくるはず。

もし少しでも興味や関心があるものがあったらすぐに情報収集をしてみましょう。

人に求められていることをする意識も大切

自分が主体性となってやりたいことをやって行くことも大切ですが、誰かに求められることをすることも大切です。

人間は他人との関係性の中で生きているので、自分がやりたいことではなくてもそれをやったことに対して喜びを感じている姿を見るだけで

自己充実感は増します。

それを繰り返しているうちに、他人が喜んでくれる行いが自分のやりたいことだったんだ!と気がつくケースもあるんです。

これまでの人生の中で、どのようなことをしたら、家族・友人・仲間は喜んで来れましたか?

些細なことでも良いです。

そして喜んで来れた姿を見て、あなたはどんな感情になりましたか?。

ちょっと時間をかけてもいいので思い返してみてください。

そうすればまた新しいアイディアが生まれてくるかもしれませんよ。

やりたいことでも人が求めていないものであれば継続的に活動するのは難しいです。

得意なことをやる

実力は、「才能×掛けた時間」で求められます。

やりたいことでも苦手だったり得意でなかったりします。

だから得意なことをやってみる!ことも大切です。

実際にそれが上手なら職業になるかもしれませんし、得意なことが好きになって行くパターンもありますからね。

やりたいことが見つからない方は、得意なことに注力してみるのも良いかと思います。

得意なことである程度成功できれば、やりたいことが見つかった時にも成功できるようになるはずですからね。

得意なことをやってから物事の進め方を学習していきましょう。

やりたいことが見つかった時に、全力を出し切るマインドを持て!

僕は中学生のとき、部活にも入らず、成績も悪く都内偏差値28程度でした。

こんなダメな人間でも一つだけ強く想っていたことがあるんです。

それは
「もしやりたいことが見つかったら、全力を出し切ろう」です。

  • やりたいことに気づかない人
  • やりたいことに力を出せる人
  • やりたいことに力を出せない人

世の中の人はこの3つに分けられると思います。

一番不幸なのは、「やりたいことに気がつかない人」です。

もしあなたにやりたいことができたのであれば、全力で向かってください。

なんだかんだ、成人すると、踏み出せない言い訳を作るのが上手になり、結果的に何もしないで終わってしまうパターンが多いです。

だから命を捧げるほど猛烈な”何か”が見つかったら全力で掴み取ってください。

どれだけ過酷な状況になろうと、どれだけ陰口を言われてもやりきってください。

自分の人生に旗を立てて必死になれば、絶対に応援してくれる人は出てきます。

僕は何も知らない状態で起業して最初は大変でしたが、いろいろな方とご縁をいただき、なんとか無事で活動できています。

これもひとえに、「全力で走っている」これが起因しています。

なのでこれを見ているあなたにも全力を出し切って、メラメラとして闘志を前面に出して行って欲しいと思っています。

まとめ

  1. 実現できるかどうか分からないくらい大きい欲求でもいい
  2. 自分の可能性に蓋をしない
  3. 常にアンテナは張っておく
  4. 少しでも光が見えたらとりあえず一歩踏み出す
  5. 自分とは考えが異なる人たちと出会う
  6. 情報収集を怠らない
  7. 人に求められていることをする意識も大切
  8. 得意なことをやる
  9. やりたいことが見つかった時に、全力を出し切るマインドを持て!

努力次第で人生はなんとかなりますし、モヤモヤしているくらいだったら飛び込んでみると面白いですよ。

常にアンテナを張って、バリ3状態でチャンスを伺ってください、やる気次第でいろいろなチャンスと巡り会えるはずです。

The following two tabs change content below.

「マーケの集い」主催 松本

代表合同会社WMC
平成生まれ。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。