Googleアナリティクスを適切に使用すれば、あなたが運営しているウェブサイトのアクセス数を上げるだけではなく、成約率も高められます。

回答2

どんなキーワードでアクセスを呼び込んでいるのか?はあまり注目されていませんが、絶対にチェックしておきたいです

操作方法が分からない方も多いので、今回は詳しくお話していきます。

これを知るだけでかなりWebサイトの現状を把握できますし、サイトの成約率も向上して行きますよ。

<追記>
以前は集客しているキーワードやコンバージョン設定していれば、コンバージョンに繋がるキーワードがわかったのですが、2016年12月に起きたGoogleのアップデートによってキーワードのSSL化されてしまいました。


無料メールマガジンのご案内


具体的な手順

Googleアナリティクスの管理画面
を開き、

「あなたのウェブサイト」→「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックしてください。

画面上の「レポート」→「集客」→「すべてのトラフィック」→「チャネル」をクリックして進んでください。

1

このような画面が表示されると思います。

  1. Organic search(Yahoo!、Google、bing などの検索エンジンから検索されたユーザーデータ)
  2. Direct(お気に入り登録(ブックマーク登録)からダイレクトにサイトに訪れたユーザーデータ)
  3. Referral(別のサイト経由でサイトに訪れたユーザーデータ)

2

このサイトは僕が管理・運営している健康系サイトのとある1日のデータです。

  1. セッション数
  2. ユーザー数
  3. 直帰率
  4. ページ・セッション
  5. 平均セッション時間

参考程度にみてくださいね。

このサイトはOrganic search からの集客は上手く行っているのですが、Direct,Referral からの集客はあまり上手くは行っていません。

目標は Organic search とDirect  のセッション数の比率を5分5分程度です。
目標のようなサイトは記事の質の高いサイトだと僕は考えています。

Organic search を見てみよう

3

Organic search では「どのようなキーワードで検索エンジンから集客しているのか?」を見れます。

またサイトの成約目的(コンバージョン)をあらかじめGoogleアナリティクスで設定しておくと、成約につながっているキーワードのあぶり出しも可能です。

どのキーワードから集客したユーザーは直帰率が高いのか?低いのか?
どのキーワードから集客したユーザーの滞在時間が短いのか、長いのか?

細かく分析することができるので非常に便利な機能。

例えば、1日のアクセスが500だとして、とあるひとつのキーワードからの集客が450を占めていたとします。

そのキーワードから成約していなかったり、直帰率が85%以上も数値であるならばそのキーワードから集客している記事を「非公開」設定にすることも有効な手段なのです。

ウェブサイトの品質を管理することでサイトの質が他界とGoogleに認められるようになり、結果的に他の記事が上位表示されます。

もちろん、大量にアクセスを集められる記事を非公開にするのは、怖い!かもしれませんが、
ブランド認知ではなく、あくまで成約を目的としているのであれば思い切った決断も大切ですよ。

逆に成約率の高いキーワードからしっかり集客を出来ているなら、

  • 文字ボリュームを増す
  • 画像の質を上げる
  • 動画や音声を組み込む

これらの施策でより質の高い記事になり、結果的にアクセス数も増えていきますよ!

日付を変更してみる

4

アナリティクスの画面の右上の日付をクリックすると日にちの範囲を設定することができます。

その範囲内に検索され集客したキーワードを見てみてください。

解析画面

こんな感じでたくさん出て来ると思います。

6
画面の左下の部分を押すとその期間内の集客キーワードをすべてみれます。

なのでこのキーワードを見ながら新しく書く記事の参考キーワードを見つけたり、より多く検索されているものがどのくらい成約に近いのかも知ることができます。

思いもよらないお宝キーワードを発見可能です。


無料メールマガジンのご案内


さいごに・・・

このようにアナリティクスでは集客キーワードを確かめる事ができますよね。
過去を遡ることが出来るので、非常に便利なツールです。

日々蓄積されるデータ宝物

僕がアナリティクスでサイト解析をするときにはこの言葉を胸に刻みながら、データ解析をしています。

小さな塵のようなデータでも蓄積すれば大きな資産になるんですよね。

特にブラックseoではなくて、ホワイトseoでコンテンツ主義の姿勢を貫けばそのサイトは資産になります。

あなたも継続してやっていきましょう。

関連記事
Webサイトの失敗事例!アクセスが減り続けるサイトのアクセス状況と作って分かったその原因とは

The following two tabs change content below.

「マーケの集い」主催 松本

代表合同会社WMC
平成生まれ。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。