なぜウェブマーケティングがうまくいかないのか?

実は95%以上のウェブサイトは機能していないと言われています。

ほとんどの人は「作ったはいいけど、ウェブサイトの目的を果たしてない」と悩んでいます。

最初に何をやったらいいのか?どこから手をつけていいのか?わからない
ウェブ制作会社に頼んだけど、全然アクセスが来ない
一生懸命ブログを書いているけど、売上に繋がらない

とあなたも悩んでいませんか?

今から10年前はウェブサイトを作ってもらうのに500万程度かかりましたが、今では無料で作ることができるようになりました。

難しいコードも必要なく、ドラッグ&ドロップで直感に操作できる無料テンプレートも出ています。

しかし、やり始めるのは簡単ですが、成果を出すことが難しくなっています。

ウェブサイト制作業界が抱える闇

真実を伝えると、ウェブサイト制作会社はウェブサイトで売上を立てられていません

つまり、自分たちのHPからの売上はほとんどないんです。

ウェブサイト制作業者は「ウェブサイトを作ることが仕事」だから。

しかしウェブサイトを依頼する側は、「売上が欲しい」「新しいビジネスモデルを構築したい」「仕組みを作り、自動化させたい」と思っています。

「作り手側」と「依頼側」には大きなギャップが存在していることがわかりますね。

ウェブサイトの勘違い

ウェブサイトでアクセスを集め、そして成約を出して売上を上げていくために、このようなことを考えていませんか?

大金をはたいたら上手くいく
デザインは派手な方がいい
HPを作ったら売上は上がる
制作会社の言う通りにすれば大丈夫
アクセスは自動的に集まってくる

このような考えは全て間違っています。

大切なのは、
どうやってアクセスを集めるのか?そしてどうやって成約を出すのか?

正しい戦略を考え、そしてタスクレベルに落とし込むことが大切なんです。

だからとりあえずやればいい!と言う考えは間違っていますし、この考えを持っている人が多いため90%のサイトが売上を上げていない理由なんです。

これまで顔も名前も出さず、、、でも売上は上げてきました

私はこれまで数十のサイトを立ち上げ、顔も名前も出さないで企業の商品を販売してきました。

中にはアクセスが1日に10アクセス以下にもかかわらず成約を月15本出していたサイトもあります。
1日にユニークで1万アクセス集めているサイトもあります。

ではなぜほとんどのサイトが売上不振に苦しむ中、そのようなことができるのか?

それは「正しい戦略を考え、そしてタスクレベルに落とし込んで作業をしてきたから

なんどもなんどもテストを重ねて、それをノウハウ化し、どの業界(ジャンル)でも使えるような技術を身につけていました。

自社でこれだけテストを繰り返しているのは本当に数少ないと自負しています。

どうやったらウェブマーケティングを導入できるのか?
そしてどうやったらそれをフル活用し、仕組みを自動化できるのか?

その内容についてこのサイトでお伝えしていきます。

このサイトでは、
何をするべきなのか
こうやったら上手くいく
こうやったら上手くいった

これらを公開しています。

ウェブサイトを作るだけに留まらないのがウェブマーケティング

ウェブサイトのマーケティングだけを行うのは非常に勿体ないです。

ウェブサイトだけで売上は立つのですが、もっと売上を上げるためにはリストマーケティングは必須です。

リストを集めて、商品販売を行うことでよりビジネスは安定しますし、より少ない経費で高い利益を獲得できます。

さらにリストはリスティング広告、SNS広告(フェイスブック、ツイッター)をサイトに掛け合わせることでより効果的に集めることができます。

つまり、ウェブマーケティングは様々な媒体をマッチングさせることでより高いパフォーマンスを出すことができるわけです。

サイトだけ、広告だけ、SNSだけ、
ひとつを選択してそれしかやらないのは勿体無い。

だから複合的に行なっていく必要があります。

全てを自分一人で学ぶのには限界がある

ビジネスで大切なのはスピードです。

もし今から0から自力でやっていくなら、成果が出るのは3年くらい掛かるかもしれません。3年以上1日5時間費やしても売上が上がらなかったら勿体ない。

ウェブマーケティングは任せてください。
はじめまして、松本です。私はマーケティングコンサルタントとして日々活動しています。私もメルマガを書いたり、ウェブサイトを運営したりして、絶えずテストを繰り返し、その中で培ったノウハウだけをお届けしてます。

このサイトだけでも十分に本当に色々なことが学べると思いますが、メルマガやLine@もやっているのでそちらも登録してみてください。

6.57.10