95%以上のサイトたちは売上を集めていないどころか、アクセスすら集めていません。

作ったはいいけど、ウェブサイトの目的を果たしてない」と悩んでいませんか?

  • 新規集客をしたい
  • リピーターをたくさん作りたい
  • 自社のサービスをたくさんの人にしてもらいたい
  • 業界で有名になりたい

このように思っている方は当記事はきっとお役に立ちます。

回答

はじめまして、松本です。私はマーケティングコンサルタントとして日々活動しています。メルマガ執筆、ウェブサイト運営、広告運用など絶えずテストを繰り返し、その中で培ったノウハウだけをお届け中です。

クライアントさんたちと一緒に会社を立てたりして今では4社の会社役員をやっています。

まず知っておきたいのは、サイト集客の7ステップです。

ウェブ集客7ステップWebサイト集客で累計3000万PV集めてみませんか?

適当にやっても結果は出ないので、ちゃんと順番にやっていきましょう。

これからオウンドメディアを作っていく方や運営しているけどなかなか結果が出せない人はどこで躓いているのか?を確認してください。

サイトマーケティングの全体像を把握

なんとなくサイトを立ち上げるよりも、全体像を先に把握するべきです。

サイトを使ってどんなことをやっていくのか?
ライバルサイトはどのようなものがあるのか?
ネットと貴社のビジネスがマッチしているのか?

などを抑えてください。

インターネット周辺のビジネスは非常に移り変わりが激しいです。

またオウンドメディアのマーケティング事情も抑えてくださいね。

<関連記事>
オウンドメディアの成功の鍵を握るコンテンツマーケティングの6つのコツ
オウンドメディアは「作る前」から成否が決まっている!構築前にやるべき3つのこと
こちらの記事を読めばある程度、全体像と必要なことがわかると思います。

<関連記事>
ウェブマーケター松本が伝える!サイト集客を成功させる108個の法則

サイト集客を成功させたければこちらもお読みください。

これまで累計で数千万PVを集めた私が気合を入れて書いた記事で、非常に参考になると思います。

SEO動向を知る

次のステップでは「SEO」の動向を知ることです。

オウンドメディアのビジネスとSEOは切ってもきれない関係で、最低限必要な知識は身につけてください。

どのようなことをやれば、検索エンジン上で上位表示ができるのか?は知ってください。

やってはいけないスパム行為をすると頑張って作ったサイトが圏外になりアクセス数が0になります。

Googleは常にユーザービリティーを考え、日々検索エンジンのアップデートを繰り返しています。

そこで大切なのは、
その場限りのSEO対策するのではなく、Googleの意向に沿ってコンテンツを作ることです。

具体的にどういうことをすればいいのか?については関連記事を全て読んでください。

そうすれば、長期的にアクセスが集まり売上が上がるサイトを作るようになります。

<関連記事>
⇨Web集客において外部SEO対策は必要ない!5年以上アクセスを集め続けるために必要な思考
⇨内部SEO対策を7つ!ワードプレスで3年以上上位表示させるための最低限の施策
⇨アクセスを集め続けるサイトを作る効果的な方法ランキング
⇨サイト運営初心者がやりがちな4大スパムSEOとは!3年以上ウェブ集客したい人は必見

ウェブサイトの目的を設定

サイトを立ち上げる目的はビジネスによって異なりますよね。

例えば

  • 全国的な自社のブランド認知をしたい
  • メルマガ発行するためのリストを集めたい
  • 自社サイトで通販するためにアクセス欲しい
  • ビジネスを安定させるためにお問い合わせが欲しい

このような目的があります。

それぞれの目的によってサイト構成は変わっていきますし、追加するべき記事も異なります。

会社概要だけを載せるサイトであれば、適当でいいのですがそれ以外の目的があればこのようにしっかりと戦略を組み立てていくべきです。

目的が決まれば、手段が決まるようにしっかりと決めて必要なものを揃えてください。

サイト設計

次に設計です。

設計で大切なのは、「ペルソナ」と「キーワード」です。

どんな人をターゲット(ペルソナ)にするのか?がハッキリ決めましょう。

誰に向かって情報発信するのかが決まらないとコンテンツをいくら追加しても売上には直結しません。

<関連記事>
サイコグラフィック係数・デモグラフィック係数を用いてペルソナを作ってみよう

そしたら、上位表示を狙うキーワードを決めます。

例えば、月間で2万回も検索されているキーワードを狙うのと、1回も検索されていないキーワードを狙うのとでは、全く成果が異なりますよね。

月に1回も検索されていないキーワードを狙うとか意味あるのか?とツッコミが入りそうですが

ほとんどのサイトがワケもわからないキーワードで集客しようとしています。
(初心者の方は仕方がないです><)

だから予め、どんなキーワードで検索順位の何番目を狙うのかを決めましょう。

それを決めれば、月にどれくらいのアクセスが見込めるのか?がハッキリとわかります。

キーワード選定に関しては熟練の考え方をしないといけません。独学でやったらきっと1年以上はかかります。

回答2とある社長

そんな時間なんてないし、もっと楽したいです

回答2

こちらの記事を読めば、時間をショートカットできますよ。

SEO対策はもう古い!アクセスが欲しいならロングテールSEO!この戦略を全力で解説してみた

狙うキーワードをエクセル等でまとめて、記事の見出しも決めておきましょう。

記事の追加

そして、やっと記事を追加していきます。

サイトを立ち上げたらすぐに記事を書く人がいますが、これは誤りです。

ここまでのことを整理してから記事を書くのがベストですね。

ある程度方向性が決まっていたらすぐに走り出せます。

記事を書きながら、Googleアナリティクスの登録をしてください。

<関連記事>
⇨Googleアナリティクスを導入したときに一番最初にやるべきことは言語設定

⇨Googleアナリティクスの登録と設置してウェブサイトやブログのデータ解析しよう

オウンドメディア集客において、最も時間を費やすのが「記事追加」です。

<関連記事>
⇨Webサイトで100記事投稿後はなにをすれば良いのか?

掛かる時間等はこれらの記事でまとめて言及しています。

記事リライトでアクセス数を増やす

ウェブ集客で最も重要なのは「リライト」です。

Googleアナリティクスで各記事の反応率を見ながら、検索順位を調べたりアクセス数を把握しましょう。

狙っているキーワードでなかなか集客できない場合は、一度そのキーワードで検索しライバルサイトがどのようになっているのか?を調べて、自社サイトに足りない要素を付け加えていきます

<関連記事>
Webサイトの失敗事例!アクセスが減り続けるサイトのアクセス状況と作って分かったその原因とは

【検証してわかった】ウェブサイトの品質管理をして記事を増やさないでアクセス数を増やす方法

回答2

多くて1記事で100回書き直したことがありますよ。それくらいリライトは大切です。

成約率を向上させるための施策

アクセスが集まりだしたら、次は「成約率の向上」です。

アクセスをお金に換える技術がないと売上は立ちませんね。

たとえ、1日にユニークで1000アクセスあったとしてもコンバージョンがない記事はないです。でもこれはよくあること。

だからある程度アクセスが集まってきたら、販売力があるサイトに仕立てあげます。

<関連記事>
Webサイトの成約率を上げたければ”削れ”【中級・上級者向け】

オウンドメディアの成約率が70倍アップ! 成功事例を動画で解説

CVが無くて困っているならSEOにこだわりすぎず悩みが深いキーワードで記事を書け!

1ミリ単位、1文字単位でテストを繰り返す

サイト研究
サイトの行間、画像の大きさ、タイトルの枠の大きさ、コンテンツ部分のサイズはもちろん、

記事タイトル、文末の表現、記事見出しなど、1ミリ単位、1文字単位でテストを繰り返し、人の購買心理を日々研究しています。

そしてコンテンツがどこまでユーザーに見られて、どの部分が注意深く見られていて、どの部分がクリックされているのか?も全てデータとして蓄積しています。

ミリ単位の仕事をするからこそ、サイト集客ができるんです。簡単に集客できるほどインターネットビジネスは楽ではありませんからね。

さらにその先へ

これでオウンドメディアの構築方法の簡略版は終わりです。

しかしこれはまだ序の口に過ぎず、もっとサイトを有効的に活用するためには、

SNS広告、リスティング広告やプロダクトローンチなどのマーケティング手法ややり方をマスターしなくてはなりません。

<関連記事>
⇨”成功事例を公開”反応率を6.7倍に引き上げたリストマーケティングの3つのポイント

取得したリストや一度買ってくれた既存顧客に対してさらなる価値提供をすることで売上は安定しビジネスは拡大していきます。

このように、インターネットマーケティングって結構奥深いんですよ。

回答2

そこで登場するのが私、松本です。

この記事だけではなくて他の記事でも情報発信していますし、メルマガもやっているのでぜひ登録してください。

もし、「全て面倒臭い、プロにお任せしたい」という方はお問い合わせくださいね。