イライラする迷惑メールを意図せずに送っている人を数多く見受けます。

相手に許可なくメルマガを送信していませんか?

あなたもメールボックスでメール一覧を見たときに「このメルマガはゴミ箱設定しておこう」と思った経験はありますよね。

一生懸命書いたメルマガが他人にこのように思われていたとしたらどうですか?結構ショックですよね。

今回はメルマガのマナーについてお話して行きます。

マナーなので基本的なことですが、これを守ってはいない会社も結構あります。

メルマガは非常に強力なマーケティングツールです。

ですが、ルールやマナーを守らないと逆効果になることがありますし、当たり前のことをやっていない会社に対して信頼は寄せられません。

回答2

ちゃんと守るべきものは守っていきましょうね


無料メールマガジンのご案内


スパム1、許可を取っていないのにメルマガを配信する

stamps

許可を取っていないのにメルマガを配信してはいけません。

特定電子法の適用範囲は

「特定電子メール」とは、
「営利を目的とする団体及び営業を営む場合における個人」である送信者が
「自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うための手段として送信する電子メール」

総務省総合通信基盤局「特定電子メールの送信等 に関するガイドライン 」

特定電子法の適用内であれば、許可は必要です。

メルマガを送ってもよいですか?
または
メルマガが送っても良い方は規約を読み、同意してからメールアドレスを入力してください
と確認を取るべき。

名刺交換をした方のメールアドレスを許可なく自社のメルマガに登録する
このようなことはしてはいけません。

勝手に登録はされたくないですよね。少なくとも僕は嫌です。

その場合は、出会った後にお礼メールを送りそのメールにメルマガ登録urlを記載し、登録するか否かは相手方の判断に任せるべきです。

スパム2、勝手に送る

もちろん勝手に送ってはいけません。

迷惑メールの後に

当メルマガの個人情報について
本メールマガジンはご本人の登録及び
協賛マガジンにご登録いただいた方へと配信しています。
協賛メルマガに重複して登録されている方は、
重複して配信されますので配信数分の登録解除をお願いします。

購読解除について
購読解除される場合
以下のメールアドレスに空メールをお送り下さい
info@◯◯◯◯.com

(※ブラックリストになり、再登録はできません)

このような記載があるメールが最近よく届くのですが、迷惑です。

送信者側は一括で送れるので良いかもしれませんが、解除するために空メールを送っても、何度も何度もメールが来る場合があります。

このサイトを見ている方はこのようなことをする方々ではないと思いますが、

勝手に送ってはだめ」です。

しっかりと配信しても良いのか?許可を取ることがビジネスの売り上げに繋がってきます。

スパム3、宣伝しかしないメルマガ

宣伝しかしないメルマガも控えるべき。

自社または他社の商品・サービス

宣伝しかしないメルマガはスパムです。

メルマガの良いところは「顧客との関係性を作って行ける」ことです。
そういった意味で非常に強力なツールなのですが、

普段は情報発信などのコンテンツを提供していないのに、商品・サービスのリリース時にはメールをしてくる

これってどうなんだろう・・?と思ってしまいます。

宣伝しかしないのは都合がいいですよね。


無料メールマガジンのご案内


メルマガ解除を簡単にしてあげよう

hand-895588_960_720
メルマガの解除方法が面倒で手間のかかるものってありますよね。

サイトにログイン、配信停止のメールの送信義務など、解除が面倒くさいと「迷惑メールボックス」に設定される可能性があり、そうなると本当に届けたい人たちに届かなくなります。

メール機能を提供しているGoogleやYahoo!などが迷惑メールだと判断すると、届かなくなるので気をつけてください。

メルマガの解除を簡単にすると離脱がめちゃめちゃ増えて行くとしてもそれは仕方ありません。

回答2

メルマガの読者の離脱が多いことはダメなことではないんですよ

まとめ

メルマガでやってはいけない4つのこと

  • 許可を取っていないのにメルマガを配信する
  • 勝手に送る
  • 宣伝しかしないメルマガ
  • ユーザーがメルマガ解除してもしつこく送る

最低限のマナーを守らないとせっかくメールアドレスを集めたとしてもあまり売り上げには繋がって行きましょう。

マナーやルールを守りながら売り上げに繋げていきましょうね!

The following two tabs change content below.

「マーケの集い」主催 松本

代表合同会社WMC
平成生まれ。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。