今回はWordPRESSを使ってサイトを立ち上げるときにやっておきたい最低限の内部SEO対策について話して行きます

3.27.51
1月に新規ドメインを取得し、2月にコンテンツを入れ始めたサイトは外部SEO対策なしでドメイン取得から1年間で約81万人が閲覧するサイトになりました。

ノウハウはたくさんありますが、基本的にいまからお話しするSEO対策だけでひとまずは十分です。

たくさんの無料ブログを作成し、目的と成るワードプレスサイトにリンクを送るようなスパム外部seo対策に精を出す必要は有りません。

回答2

外部SE0対策をしすぎると、自演自作リンクが増えてGoogleからペナルティーを受ける危険性がありますよ

SEO対策の基礎

seo対策
Search Engine Optimization

この頭文字をとってSEOと呼ばれており、これを日本語訳に変換すると検索エンジン最適化です。検索エンジンを最適化することである特定の語を検索されたときにあなたのWEBサイトが上位表示されやすくなります。

上位表示されれば、集客力が高まります。

またGoogleの検索エンジンの隙間を突いたスパム的な外部SEO対策のことをブラックハット(ブラックSEO)と言い、ユーザー目線を意識し、正々堂々ワードプレスサイトを表示させるSEO対策のことをホワイトハット(ホワイトSEO)と言います。

重要ポイント
検索順位は様々な評価基準によって決められていますが、ユーザーの利便性を考えてサイトを作って行く!というスタンスだけで十分になってきました。

今回話する内容は全て「ホワイトハット」に関する内容です。

Googleウェブマスターツールに登録

これから最低限必要なSEO対策について話していきますね。

まずはGoogleウェブマスターツールに登録しましょう.最低限のseo対策するためには登録は必須です。

Googleウェブマスターツールの「GoogleSearchConsole(通称:サチコ)」は非常に役に立つツールです。

Googleウェブマスターツール

登録していない方はすぐに登録するようにしてくださいね。

11

「プロパティの追加」でワードプレスサイトのurlを入力してください。

22

所有権の確認をします。

【おすすめの方法】と【別の方法】があるとおもうのですが、【おすすめの方法】の方が良いです。

理由はのちほどお話します。

FTPソフトを使用して、「HTMLファイル」をアップロードしていきましょう。

(MACを使用している方は「Cyberduck」というftpソフトがオススメです)

33

所有権の確認が出来ると「検索パフォーマンスを改善できます」というメッセージが届いていると思います。

  1. ウェブサイトの全バージョンを追加する
  2. 優先するバージョンを選択する
  3. ターゲットとする国を選択する
  4. 同僚にアクセス権を付与する
  5. サイトマップ ファイルを送信する

「1、ウェブサイトの全バージョンを追加する」というのは「wwwなし」「wwwあり」の両方をウェブマスターツールに登録する必要が有ります。

[http://no1wmc.consulting]
[http://www.no1wmc.consulting]

こんな感じで、両方のバージョンのサイト所有者確認してくださいね。

「おすすめ方法」で予め登録しておくとスムーズに「wwwあり」の所有者確認できます。

44

「2、優先するバージョンを選択する」の「使用するドメイン」では

  1. URL を www.no1wmc.consulting と表示
  2. URL を no1wmc.consulting と表示

このうちのどちらかを選択してください、基本的にはどちらでも構わないのでお好きな方を選択し、

「クロール速度」は『サイトに合わせて自動的に最適化する (推奨)』
これを選択しましょう。

「3、ターゲットとする国を選択する」は「日本国」に設定し、

「4、同僚にアクセス権を付与する」は個人で管理するときはなにも設定しなくてもデフォルトのままで大丈夫です。

「5、サイトマップ ファイルを送信する」のやり方は次で説明していきます。

ポイント
Googleウェブマスターツールは内部SEO対策に効果があるだけではなく、どのようなキーワードが上位表示されているのか?も調査できる非常に便利なツールです。サーチコンソールも私はかなり重宝しています。

サイトマップは2種類作成する

サイトマップとは「ウェブサイト内にあるページや内容を1つのページで表示する」ものです。

Googleの検索エンジン向け(アルゴリズム向け)
ユーザー向け

この2種類があります。

どちらのサイトマップもWordPRESSのプラグインを使用することで簡単に作成することができます。

「Googleの検索エンジン向け」のサイトマップを作成

「Googleの検索エンジン向け」のサイトマップを作成するためには
Google XML Sitemaps』(プラグイン)がオススメです。

444

Google XML Sitemapsを新規追加して、有効化させてください。

そうすると、「http://no1wmc.consulting/sitemap.xml」がこのように自動で生成されます。

555

Googleウェブマスターツールのサイトマップ追加画面で、

「あなたのurl/sitemap.xml」を入力してください。

ユーザー向けのサイトマップを作成

ユーザー向けのサイトマップもWordPRESSのプラグインを使用します。
PS Auto Sitemap」を新規追加して有効化してください。

有効化したら

固定ページにサイトマップ用の記事を追加していきます。

66

  1. 記事の番号を控える(id)
  2. パーマリンクを「sitemaps」に変更する

これらのことをやってみてください。

記事の番号(id)は 「短縮URLを取得」や「変更プレビュー」で確認することができます。
777

この場合は、「84」になります。

確認したら、パーマリンクを「sitemaps」に変更して、記事の本文には

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

これを入力してください。

そうしたら「PS Auto Sitemap」の画面の行き、「サイトマップを表示する記事」に先ほどの記事の番号(id)を入力し保存をクリック。

また固定ページの画面に戻り、「更新」をクリックし、しっかりユーザー向けのサイトマップが表示されるか確認してくださいね!

888

こんな感じの画面が表示されれば無事ユーザー向けのワードプレスサイトマップを作ることができました。

サイトマップを生成することでGoogleのロボットが円滑にあなたのウェブサイトをクロールし、分析・解析できるので、

記事を投稿してから実際に検索エンジンに表示されるまでの時間を短くすることもできますし、サイト内部を整えることができるので内部SEO効果を期待することができますよ!

インデックスされるスピードも上がるため、記事を公開してからすぐに検索エンジン上で表示されます。

パーマリンクをカスタム構造に変更する

パーマリンクとは「個々に割り振られたurl」のことで、デフォルトの状態から構造を変更しなくてはなりません。

999

ワードプレスの画面から【設定】→【パーマリンク】をクリックしてみてください。

デフォルトの状態からカスタム構造を選択し

10

/%category%/%postname%/

を入力して、変更を保存していきましょう。

SEO効果が高い順は

一番がトップページ、次のカテゴリー、最後に各記事
のようになっており、カスタム構造を変更することでしっかりとこのような階層を「url」に持たせることができるのです。

したがってワードプレスサイトの検索順位を決定しているGoogleのロボットに正確にこの階層を伝えることができるので評価を受け易くなります。

回答

パーマリンクに関しては色々な説がありますが、サーバーの乗り換えを前提にしない限りはこの設定で問題ありません

ページ表示速度を速くする

ユーザーがページを見ようと思った時に表示されるのが遅いとseo的にも良く有りませんし、何と言ってもユーザーは待ってくれません。

ページが表示されるのに「2秒以上」かかるとユーザーは遅いと感じます。なのでせっかくクリックされたとしても待てない状況になると直帰率が高くなりますし、Googleの評価にも影響を与えます。

●表示スピードを上げる方法

  • HTMLのコードを整理
  • CSSのコードを整理
  • JAVAなどの動きのあるものは使わない
  • 画像を圧縮させる
  • キャッシュを利用する
  • ワードプレスサイトのテーマ(テンプレート)を変える
  • プラグインを減らす
  • リダイレクトを減らす
  • 画像サイズを小さくする

このような方法があるのですが、一番簡単な方法は「画像の圧縮」です。

またあなたのワードプレスサイトのページ速度はgoogle PageSpeed Insightsで調べてみてください。

2020年にはネット環境が5Gになるので(現在は4g)、2020年以降は表示スピードは気にしなくて良いかもしれません。

しかしそれまでは必要です。

回答2

そういえばつい最近、Googleもスマホでの表示スピードが遅いサイトは上位表示させないと声明を出しましたね。


困っている女性

え!そうなんですか!スマホ対策は必須だと思っていたのですが、表示スピードもSEOの基準になるなんて、、


回答

Googleはユーザビリティーを重宝しますからね。スマホユーザーに優しいサイトを作っていきましょう。

表示スピードが遅いだけで、検索順位が落ちるだけではなく、成約率(CV率)も落ちます。

Amazonによれば、「100分の1秒、表示スピードを上げただけで収益が1%も増えた」とのこと。

回答

それくらい表示スピードを速くするのは大切なことなんですね


わかった女性

スマホ対策が検索順位にも、成約率にも影響することがわかりました

画像の質を落とす

EWWW Image Optimizer」というプラグインを新規でインストールしてください。

そして有効化させたら、
WordPRESSの管理画面 の【メディア】→【bulk optimize】をクリックしてワードプレス上にアップロードしているすべての画像を圧縮してみてくださいね。

【ワードプレスのプラグイン】ewww image optimizerの設定方法

またWordPRESS上に画像をアップロードする際に、初期の設定だと「中サイズ」「大サイズ」の画像も自動で生成されてしまうので

WordPRESSの管理画面 の【設定】→【メディア】をクリックし、

11111

中サイズ0 大サイズ0
このような感じにするとよりワードプレスサイトが軽くなり、ページ表示速度が早くなって行きます。

ALL In One SEOツールを導入

ワードプレスのプラグインである「ALL In One SEOツールの導入」でメタディスクリプションとキーワードの入力が楽になります。

回答

ALL In One SEOツールは結構使っていますよ!

3.39.28

  • Title(h1タグ)(32文字以内)
  • Meta desciription(120文字以内)
  • Keywords(2、3個ほど)

プラグインを有効化し、記事下あたりにこれらをしっかり記入していきましょう。

Keywordsは上位表示を狙っているキーワードを2、3個程度入力するようにしてください。

Title(h1タグ)(32文字以内)、Meta desciription(120文字以内)はできるだけ魅力的なものにしましょう!

ユーザーがキーワードを入力した時には10個のサイト記事が表示されます。

その中で、「あ!これは私が知りたい情報が載っていそう」と思わせるものがいいですね。

困っている女性

タイトル(h1タグ)やメタディスクリプションは何度も変えてもいいのでしょうか?


回答

変えてもいいと思いますよ!Googleサーチコンソールでタイトルのクリック率(CTR)を見ながら変えることで確実にアクセス数は伸びていきます。私も何度も変えていますし、結果的に変えてよかったと思っています

画像にalto属性を記入する

画像のalto属性は記入するようにしましょう。

人工知能が機械学習をし始めてから、人工知能が画像を読み取る精度がかなり上がってきました。しかしそれでもまだ完璧とは言えません。

この画像はこういったものなんだよ」とalto属性を記入して、Googleの検索アルゴリズムに優しいサイトを作っていきましょう。

4.00.05

あくまでも良質なコンテンツを作る!思考が大切

一昔前のSEO対策は非常に機械的な事務作業が多かったです。

しかし現在ではユーザー目線でユーザーに価値あるサイトが上位表示されるようになりました。これからはスパム的な対策は一切効かなくなります。SEOを意識した重複ページはもう必要ないんですよ。

今求められているのは「ユーザーに価値あるサイト」です。

短絡的な外部SEO対策ではなくて、ユーザーに喜んでもらえる記事を書いていくべきなんです。

ユーザーに喜んでもらうためには、大量のリサーチが必要ですし、ユーザーが求めており、作成者が提供できる情報を価値として届けるコピーライティング能力も求められます。

良質なコンテンツを作ることで、ソーシャルバズが起こり、はてなブックマークが発生し、そのサイトにファンができるようになるんです。

記事が必要以上に長くなってしまう場合は、内部リンクを入れたり、わかりやすいように図解を入れたり、参考になる動画を差し込んだり、、、
となかなか手間が掛かるように思われますが、

結果的に3年以上も長く上位表示している記事には手間と魂が込められています。作り手の汗がWebページの評価を上げていくのです。

まとめ

    回のポイント

  • Googleウェブマスターツールに登録
  • サイトマップは2種類作成する
  • パーマリンクをカスタム構造に変更する
  • ページ表示速度を速くする
  • ALL In One SEOツールを導入
  • 画像にalto属性を記入する
  • 良質なコンテンツを作っていこう
SEOは最低限だけやって、コンテンツを追加していこう
今回はワードプレスでサイトを作る時に必要最低限の内部SEO対策について話しました。意外としっかりやっていない方は多いのではないでしょうか?

Googleがサイトの検索順位を決定する項目は200以上あると言われています。200項目すべてをやることは不可能ですしその項目は一般的に公開はされていません。

アルゴリズム向けのSEO対策に注力するのではなくて、ターゲットのニーズを満たすような網羅性・包括性の高いサイトを作っていきましょう。

この記事に書かれていることだけで最低限のSEO対策は完了ですよ。

The following two tabs change content below.

松本 達弘

「全国の落ちこぼれたちのスターになりたい」中学3年時の国語偏差値28英語偏差値32。平成。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。