移りゆくウェブサイト業界で結果を出し続け、長期的に売上を叩き出すための思考法をお伝えします。

前はキーワード1位を独占していたけど、今は圏外で報酬はゼロ。
売上が10分の1程度にまで縮小してしまった。

なんてよくある話です。それくらいウェブサイトの基準は変わっており1年で検索順位は様変わりしている状況。

検索順位の傾向をベンチマークすることは大切ですが、

もっと大切なのは「サイトに訪れるユーザーにいかに価値の高いコンテンツを届けるのか?」を考えることです。

グーグルのアルゴリズムの隙間を狙うやり方は一時的に通用してもいずれ無になります。

せっかくサイトを作り上げるなら、長期的に運営できるものにしたいですよね、そういった方にはこの記事は参考になるはずです。

ザックリ言うと

  • 表面的なSEOの基準に惑わされない
  • ビジネスは対人であり、検索エンジンも同じ
  • 見てくれているユーザーに価値を与える工夫を凝らしていくべき

無料メールマガジンのご案内


Google視点でビジネスモデルを考える

Googleの目的は
人類が使うすべての情報を集め整理する』です。

すべてを解り易いようにカテゴライズ化させることでユーザーはよりサービスを利用しやすくなるので結果的に利用者は増えていきます。

そう思うと、検索エンジン(アルゴリズム)にはウケるんだけど、ユーザーには全くウケない
こんなウェブサイトってGoogleの目的や指針からズレていますよね。

情報収集のプラットフォーマーとしての役割を果たす義務があるのでユーザー利便性はかなり重要視されています。

ウェブサイトの理想は「検索ロボットにもそこそこ評価されて、ユーザーにはめっちゃ評価される

Googleは広告での収入が大きな柱となっているので、ユーザーにとって意味があるもの、価値があるものをより解り易い形でコンテンツ提供しているサイトを上位に上げないと利用者が減って行きます。

そうなると最悪の場合、他の検索エンジンにシェアを奪われる危険性がありますから。

GoogleのSearchConsoleのガイドラインでは以下のことが書かれています。

魅力的なウェブサイトを作成する鍵となるのは、オリジナリティに溢れた質の高いコンテンツによって、ユーザーにとって最良のエクスペリエンスを提供することです。

ユーザーはサイトが有益でユニークだと感じると、再びアクセスしたり、自分のサイトからそのコンテンツにリンクしたりします。それによって、時間の経過とともにより多くのユーザーがサイトに引き付けられるようになります。

https://support.google.com/webmasters/answer/6001093?hl=ja

Googleが求めているのは、オリジナリティー溢れる「魅力的なウェブサイト」。

松本松本

サイトの訪問者にとって、バリュー(価値)がある情報や体験を提供していきましょう

重要ポイント
AIの進歩によって今後ますます、ユーザーにとっての利便性や価値が検索順位に反映されます。

検索エンジンを使う人の普段からの行動データによって検索順位も異なってきます。もう正当なやり方しか通用しません。

外部seo対策は無駄な作業が多すぎる

もちろん、僕も全くしていない!というわけではありません。サイトマップも作成していますし、プラグインやソースコードの簡略化でページが早く表示されるような工夫はしています。

しかし無料ブログ等でサイトを量産し外部リンクを送り込むこと(いわゆるバックリンク、サテライトサイト)は全くしていません、というのもこの作業は結構無駄な作業が多いんですよね。

何と言っても人を惹き付けるスキルを向上しません。

スパムSEOについては、

サイト初心者がやりがち4大スパムSEO!検索結果の圏外へ飛ばされる?

こちらの記事を参考にしてください。

Google側の視点で見た時に

外部リンクはいっぱい張ってあるけど、pv率も悪いし、直帰率も高い」こんなサイトにも良いイメージを持ちません。

しっかりオリジナルなコンテンツを作成し続けることが大切です。職人気質が求められますね。

ユーザーがそのキーワードで検索する意図を考えて
価値があるコンテンツを作り上げて
データを見ながら、改善改良していく

言葉で言うのは簡単ですが、実際に作業してみると難しい。

でもこの繰り返しでしか、ウェブサイトから報酬は生まれないんですよね。ユーザーに価値を与える!って本当に手間がかかるものです。

手間がかかるからこそ、真剣にやっているライバルは少ないですし、真剣にやればそれなりの報酬を手にすることができます。

僕が所有しているサイトの中で半年以上記事の更新していませんが、すべてオリジナルコンテンツなので徐々にアクセス数も伸びています。

逆に他のサイトと似たり寄ったりしてしまっているサイトはアクセス数は右肩下がりです。手間を惜しんじゃダメですね。

評価基準は猛烈な勢いで「ユーザー価値」に移行している

16.41.58
上位表示されているサイトの特徴を探っていくと、
どんどんユーザーが感じる価値をどれだけ提供しているのか?が重要になってきていることがはっきりとわかります。

16.47.21

イメージとしてこのような感じです。

しかし徐々にGoogleのアルゴリズムがユーザー目線に変わってきています。コンテンツSEOを仕掛けている人たちが報われやすくなりますね。

13.26.01

ユーザーへのコンテンツが評価される時代。これからはAIの進化に伴い、流れがもっと加速していくと思います。

ユーザーに焦点が置かれるので、コンセプトメイキングをしたり、コピーライティングを学んだり、HTML/CSSなどのウェブデザインを施したり、PHPやJクエリを使って記事に機能を持たせる必要も出てきます。

全てが噛み合って初めて”人に評価”され、結果的にグーグルに評価されます。

様々なコンテンツが世に溢れています。その中で、「このサイトには惹きつけられる!」「この記事は誰かに勧めたい」と思ってもらえるようにして行かなくてはなりません。

情報の正確性や伝わりやすさもアクセスを集めるために必要となってきていますね。

評価基準は日々変わっている

検索したときにどのサイトがどの順番で表示されるかは、”とある評価”によって決まっています。その評価軸は日々変わっているのです。

評価基準の大きな変動のことをアップデートと呼ばれています。これまでもパンダアップデートペンギンアップデートとかありましたね。

またその評価基準は一般には公表されていません(ceoの発言がヒントになることはありますが)

これらを考慮すると日々変化するロボットに対してあれやこれやするのは面倒です。(振り回されるのは面倒笑)

seo会社に依頼するとしてもコストが大きく掛かりますし、絶対に1位を取れるという保証はありません。

そもそもどの順番で上位表示されるかは絶対評価ではなくて、相対評価ですから。

Googleが評価基準を作っているのに外部の人間がそれをあれこれ施策してコントロールしよう!とすること自体が間違っているのではないでしょうか?


無料メールマガジンのご案内


ユーザーのためにサイトを作るべき

ビジネスの相手はロボット(アルゴリスム)ではなくてユーザー(人)のはずです

誰か何かを伝えたい、発信したいという目的が有るからサイトを立ち上げたはず。

グーグルのビジネスモデルと意向」「ユーザーは知りたい情報があるから検索する

この2つを念頭に置けば、最終的に「検索順位はコンテンツの質で決まる」ことがわかります。

    回のポイント

  • どうやったら価値がユーザーに伝わるのか
  • 発信している内容をどうやったら信じてもらえるのか?
  • 狙ったターゲットが知りたいことはなんなのか?
  • どうやったら共感が得られるのか
  • どうやったら行動をしてもらえるのか?

検索エンジンの評価を気にして、そわそわしているよりもユーザーのために何が出来るのか?を思考する方が大切です。

回答2

ユーザーのためを思って作ったコンテンツならサイトの滞在時間が伸びますし、自然にリンクを獲得したりソーシャルからの流入を期待することができますよ

最近僕は、UI/UXを気にするようになりました。サイトを通して、どのような体験をしてもらいたいか?どのような文章であれば、見やすく理解しやすいか?を考えています。

とりあえず、文章を書いたら終わり!という時代は終わってきていますからね。

コンテンツを作る時の自社の基準を設けて見ると良いかもしれません。

周り道こそ近道

seo対策をしないでどうやってアクセスを集めるの?」と思う方もいます。

大丈夫です。

ユーザーのためを思いコンテンツを作成し続けることによって他のサイトから自然にリンクを貰うこともできますし、ユーザーの滞在時間が長くなるのでGoogleにも評価されます。

市場に注目されるコンテンツを作れば、はてなブックマークがされたり、TwitterやFacebookで拡散されるようにもなります。

確かに検索ロボット向けのブラックハットな手法ではなくて、ユーザーのためを思ったホワイトハットな手法は時間が掛かります。

時間も労力もかかりますが、作り出すコンテンツの質を上げることによって長期的にGoogleから評価を得ることができるでしょう。

ユーザーのためを思って作ったコンテンツにだけ”未来”はやってくる
長期的にwebサイトを上位表示させたければ検索エンジン向けのSEOはするな!」この真意は

時間が掛かるかもしれないが、目的を持った質の高いコンテンツを作る方が安全でかつ長期的に上位表示され、結果的に売り上げにも繋がる」ということです。

表面的で短期的なことではなくて、継続的で確実なことを続ける方が大切だと僕は思っています。僕が御社のウェブ集客を加速させます。

The following two tabs change content below.

「マーケの集い」主催 松本

代表合同会社WMC
平成生まれ。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。