品質管理してアクセス数を伸ばす
サイト記事の品質管理は、検索結果で上位表示させるために重要な施策。

このように検索順位を右肩で上げていくためには、記事公開後に放置したままにせずに、記事の品質管理を徹底していく必要があります。

●記事の品質管理の一例

  • 誤字を修正する
  • 日本語として不自然な文を整える
  • 画像にalt属性をしっかり書き込む
  • 古い情報を新しい情報に書き換える・追記する

この他にも記事の品質を管理する方法をお伝えしていきます。

ザックリ言うと

  • 記事の品質管理(リライト含む)はSEO上、めちゃめちゃ重要
  • 記事公開後に最適化しないと、なかなか上位表示ができない
  • 繰り返し、コンテンツを手入れして、ユーザーに価値あるサイト作りをするべし

無料メールマガジンのご案内


反応が悪い記事を「非公開」に設定する

ANARITHIKUSU

これは僕が管理しているサイトの解析データ。2014年11月に最初の1記事を公開し、合計127記事投稿。

そして2015年11月16日と2015年12月30日に反応が悪い記事を「非公開設定」にしました。

このサイトはアドセンスで稼いでいるわけではなく、あくまでも商品の成約(コンバージョン)を狙っています。

Googleアナリティクスで解析しながら商品成約には繋がっていない21記事を非公開にしました。ちょっとずつアクセス数が伸びていっていますよね。

非公開にした21記事の特徴は以下の通りです。

●非公開にした記事の特徴

  • 直帰率が85%以上である(平均70%)
  • 離脱率が70%以上である(平均は50%)
  • 平均ページ滞在時間が1分程度(平均は2分)
  • 成約させるページに全くユーザーがたどり着いていない

成約型なので、販売促進ページに到達していないページは無価値。また直帰率・離脱率が悪く、セッション時間・滞在時間が短いので、コンテンツがユーザーに刺さっていません。

Googleアナリティクスを使えば、直帰率や離脱率を測定できるのですが、全然意味がわからない!という方は、

こちらの記事を参考にしてください。

非公開にした21記事はそれぞれアクセスを結構集めていたので、最初は500アクセス程度下がると思っていたのですが、アクセス解析を見てみるとあまり変化はありません。

12月31日には800程度までアクセスが下がっていますが、それからは順調に上がって来ていますね。

ちなみにこのサイトは2015年10月から1記事もアップロードはしていませんが、2019年の現在でもコンテンツの質が認められて、結果的にアクセスは増えていきます。

記事数が50を越えている場合は反応率をチェックして、悪い記事は思い切って非公開にすることでサイトの質は上がります。

クリック率を最大限までに高めるために、H1タグ(記事タイトル)を変える

記事タイトルの変更は品質管理に繋がります。

  1. タイトルのCTRが3%程度
  2. 狙ったキーワードからのアクセスではない
  3. 平凡で当たり障りのないタイトル
  4. キーワードが羅列されている

記事のタイトルを変えた方がアクセス数アップに繋がります。

H1タグのタイトルを変えるだけで記事のタイトルクリック率(CTR)は上昇する場合がありますので、研究してみてください。

Googleサーチコンソールを使うと、記事タイトルのクリック率(CTR)を計測できるようになります。


松本松本

僕のサイトのクリック率は大体5.5~7%程度です。3%から6%にするだけでアクセス数は2倍に変化するので、クリック率の計測はかなりシビアに行いましょう。

<関連記事>
タイトルやキャッチコピーの作り方!〜ネットビジネスを制するために〜

無機質なH2,H3タグを魅力的な表現に変える

h2,h3の見出しを変えるだけでも有効です。ただむやみやたらに変えるのではなくて、ページの反応率や離脱率をチェックしながら変えるとよいです。

松本松本

見出しのA/Bテストをしていきましょう

ユーザーヒートをサイトに埋め込むと記事内のどこの部分で離脱が起きているのか?調べられるのでオススメです。

記事の冒頭で「目次」を表示している方は、見出しがクリックされているのか?をチェックすると、ユーザーが興味を持っていてすぐに知りたい内容がわかります。

解析ツールで分析するとわかるのですが、頻繁にクリックされる見出しとクリックされない見出しがありますよ。

興味を持たれていないからクリックされていないわけです。

記事上部で見出しが一覧で表示されているサイトが増えていますが、ユーザーは記事の続きを見るかどうかを見出しで判断しているケースも多いので、気を抜かず興味付けできるようにしましょう。

タイトルと見出しを変える際に役に立つ基準

記事タイトルや記事内の見出しをどんな基準で変えていくのか?については以下を参考にしてください。

  • 検索結果で10位以内に入っていない場合・・・
  • 狙うキーワードとコンテンツがマッチしていない可能性がある

  • 10位以内に入っているけど、CTRが3%未満の場合
  • タイトルを変更してみる

  • 10位以内&CTR3%以上あるにも関わらず、滞在時間が60秒未満の場合
  • 見出しを変えて、読みやすさを重視してみる

一応、役に立つかと思い、僕なりの基準について解説しておきました。

新規記事を書くよりも、既存記事を修正するだけでアクセス数はかなり変わって行きますよ。


無料メールマガジンのご案内


言い換えをマスターして、狙うキーワードの出現回数を減らす

「上位表示を狙うキーワードを記事文字数の5%程度の割合で散りばめるとSEOの効果がある」と、よく聞きますがやや多すぎかなと。

何度も同じキーワードを出現させると「Google側」「ユーザー側」にとってもしつこいな!と思われます。

例えば、「〇〇する テクニック」という複合キーワードでの上位表示を狙う時に、何度も「テクニック」と書くのはNG。

テクニックの言い換えとして、
「方法、やり方、技法、手段、メソッド」

このような表現を使うと、様々なワードでの集客が見込めますし、ユーザーは文を読みやすくなって完読するでしょう。

言い換えの表現力を磨けば、文章に厚みができるので、ぜひやってみてくださいね。

狙うキーワードで検索して、適切なコンテンツをリサーチ

1000字で十分にユーザーニーズを満たせるケースもあれば、2万文字も必要なケースがあります。

1000文字で十分なのに、わざと3000文字書いたりしてはだめ。逆に1万文字必要であれば、3000文字程度では上位表示できません。

狙うキーワードによって、必要なコンテンツ量は異なりますよね。

例えば、あなたが「ワードプレス 内部SEO 方法」で上位表示を狙う時に、

「ワードプレスの使い方」
「ワードプレスでオススメのテンプレート」

みたいなコンテンツは必要ないですよね。

結構、初心者がやりがちなミスなので十分、覚えておいてください。

初心者ほど、無駄なコンテンツを入れてしまいがち。完璧とは、「無駄なものがない」という意味です。

適度に内部リンクを張り巡らし、ユーザーを縦横無尽にさせる

内部リンクをこまめに入れると、グーグルクローラーがサイト内を循環しやすくなり検索順位が上がっていきます。

特にアクセスを集めたい記事があれば、積極的に内部リンクを貼って送るようにしてください。そうするだけでサイト内の滞在時間は伸びます。

やってはいけないのは、関係のない内部リンクを貼ることです。

グーグルは内部リンクのクリック率や内部リンク先がどこまでみられてたかを計測しているので、ユーザーの利便性が低くなるようなリンクは貼らないようにしましょう。

一つの記事で情報を全て伝えるのではなくて、一つのサイトでユーザーの欲求を満たそうとしましょう。

サイトで売上を上げることが得意な人は、「全力で一つのサイトでユーザーを満足させる能力」が非常に高いかな〜と僕は感じています。

情報の鮮度を意識し、古い情報は消していく

情報の鮮度やサイトの更新頻度を一定に保つと、ファンがつきやすくなります。

「新しく記事が更新されていないかな?」とユーザーが思って何度もサイトに訪れてくれるはずです。

23.16.46

リピーターがいるのと、いないのでは、売上はかなり変わってきますね。情報の新鮮さを保ったり、サイトの更新頻度を一定にすることも大切ですよ。

今回は記事数を増やさないでアクセスを増やす!というのがテーマの記事ですが、更新頻度を一定にするとクローラーが訪れやすくなり検索エンジンの反映されるスピードも上がっていきます。

狙っているキーワードのライバルをチェックする

上位表示させてアクセスを集めたい記事のキーワードを検索して、どのようなサイトが存在しているのか?をチェックしてください。

  • 記事のタイトル
  • H2、H3タグの見出し
  • 文字数、ユニーク単語数
  • デザイン性
  • サイト全体のボリューム感

細かく数値化してメモをとる必要はないのですが、ライバルチェックを重ねていると、

どういった記事がグーグルに好まれて上位表示されていくのか?」がわかっていきます。

松本松本

ライバルチェックはめちゃめちゃ大切なのでぜひやって、自社コンテンツの修正を行ってください。

まとめ

    回のポイント

  • 誤字を修正する
  • 日本語として不自然な文を整える
  • 画像にalt属性をしっかり書き込む
  • 古い情報を新しい情報に書き換える・追記する
  • 反応が悪い記事を「非公開」に設定する
  • H2,H3タグを変える
  • 狙うキーワードの出現回数を減らす
  • タイトルはどうしても必要な場合のみ変える
  • 適度に内部リンクを張り巡らす
  • 情報の鮮度を保つ
  • 狙っているキーワードのライバルをチェックする

品質管理を意識すると、記事数を増やすことなくサイトアクセスを増やせます。

サイトの検索順位は絶対評価ではなく、あくまでも相対評価
ライバルサイトよりも少しでも一歩でもユーザーの利便性に近づくことができれば自然と上位表示できます。

Google側を意識するのではなくてユーザーにとって「得」があるサイト運営を目指しましょう。

The following two tabs change content below.

「マーケの集い」主催 松本

代表合同会社WMC
平成生まれ。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。