品質管理してアクセスを伸ばす
記事数を増やすことなく、アクセスを増やす方法をシェアしていきます。

サイトやブログを運用するときに「どうやったらトラフィック数の増加が出来るのか?」と悩みますよね。

「とりあえず記事数を増やしてサイト全体のボリュームを増やす」は一長一短です。

1つ1つの記事と向き合いながらアクセス数を増やすやり方を知っておくと非常に便利ですよ。

私が管理しているサイトのアナリティクス(WEB解析)の画面を見て行ってください。

品質管理については
Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)を参照してくださいね)

サイト品質に関するガイドラインではおおまかに3つのことが記載されています。

  1. Googleの検索エンジンが見つけ易いようにする
  2. Googleの検索エンジンがページを理解しやすいようにする
  3. ユーザーにとって利便性があり有益な情報を提供するようにする

言ってみれば
「Googleにとっても」「ユーザーにとっても」良いページを作ってくださいね!ってことです。

19.40.29

Googleがサイトに求める基準とユーザーのニーズがマッチするサイト記事の検索順位は上がって行きます。

回答

ユーザーのニーズを捉えると、ソーシャルバズが起きたり、自然リンクを獲得できます。

●記事の品質管理の一例

  • 誤字を修正する
  • 日本語として不自然な文を整える
  • 画像にalt属性をしっかり書き込む
  • 古い情報を新しい情報に書き換える・追記する

この他にも記事の品質を管理する方法をお伝えしていきます。

反応が悪い記事を「非公開」に設定する

ANARITHIKUSU

このサイトは健康系のサイトです。2014年11月に最初の1記事を投稿しました。

その後は順調に記事を追加していき、127記事を公開していきました。そして2015年11月26日と2015年12月30日に反応が悪い記事を「非公開設定」にしました。

このサイトはアドセンスで稼いでいるわけではなく、あくまでも商品の成約(コンバージョン)を狙っています。

Googleアナリティクスで解析しながら商品成約には繋がっていない21記事を非公開にしました。ちょっとまだデータ不足かもしれませんが2016年に入った後もちょっとずつアクセス数が伸びていっていますよね。

非公開にした21記事の特徴は以下の通りです。

●非公開にした記事の特徴

  • 直帰率が85%以上である(平均70%)
  • 離脱率が70%以上である(平均は50%)
  • 平均ページ滞在時間が1分程度(平均は2分)
  • 成約させるページに全くユーザーがたどり着いていない

成約型なので、販売促進ページに到達していないページは「価値」がありません。また直帰率・離脱率が悪く、セッション時間・滞在時間が短いので、コンテンツがユーザーに刺さっていないです。

なので思い切って必要がないと判断出来るページは非公開に設定してみました。

非公開にした21記事はそれぞれアクセスを結構集めていたので、最初は500アクセス程度下がると思っていたのですが、アクセス解析を見てみるとあまり変化はありません。

12月31日には800程度までアクセスが下がっていますが、それからは順調に上がって来ていますね。

12月の年末はどのWEBサイトでもアクセスは世間に合わせて減少する傾向にあるので全く気にしませんでした。

ちなみにこのサイトは2015年10月から1記事もアップロードはしていませんがアクセスが徐々に伸び始めたので徐々にコンテンツの質が認められてきたということでしょう。

このサイトで実践した品質管理の仕方は「反応が悪いページを非公開にする」のみ。

それだけでも徐々に検索エンジンからのアクセス数が伸びますし、成約に繋げてくれる記事もみてくれるようになります。

もちろん、元々の記事数が10程度しかない場合はこの品質管理の方法はおすすめできません。

しかし、記事数が50を越えている場合は反応率をチェックして、悪い記事は思い切って非公開にすることでサイトの質は上がります。

(非公開にしたページが多ければ多いほど非公開にしたその日やその月のアクセス数は少なくなりますが)

H1タグ(記事タイトル)を変える

記事タイトルの変更は品質管理に繋がります。

  1. その記事にはアクセスがほとんど来ていない
  2. 狙ったキーワードからのアクセスではない
  3. あまりにも機械的でどこにでもある平凡なタイトルである
  4. キーワードが羅列するような形になっている

記事のタイトルを変えた方がアクセス数アップに繋がります。

困っている女性

記事タイトルを変えてしまうとSEO的に良くないのでは?

回答

反応が悪い記事のタイトルは変えても問題は起こりませんよ!

H1タグのタイトルを変えるだけで記事のタイトルクリック率(CTR)は上昇する場合がありますので研究してみてください。

H1タグを思い切って変える場合は、記事コンテンツの中身も変えていきましょう。記事の切り口を変えるだけでも成約率は変わっていきますし、PV率は変わっていきます。

万人向けのキュレーションサイトの記事ではなくて、何かの分野に特化して少人数の人にだけ響くコンテンツを作って行くといいですね。

H2,H3タグを変える

h2,h3の見出しを変えるだけでも有効です。

コピーライティングの世界ではサブヘッドと言われていますが、これを変えるだけでも品質管理に繋がります。

ただむやみやたらに変えるのではなくて、ページの反応率や離脱率をチェックしながら変えるとよいです。

回答

見出しのA/Bテストをしていきましょう

ユーザーヒートをサイトに埋め込むと記事内のどこの部分で離脱が起きているのか?調べられるのでオススメです。

今日の格言
ユーザーヒートで離脱部分を把握し、変えてみよう

狙うキーワードの出現回数を減らす

ほとんどの方は「出現回数」を増やすという手段を取ると思います。

しかし逆に「出現回数を減らす」ことをオススメします。

困っている女性

そしたら、狙うキーワードから検索してきた人のアクセスは減ってしまうのでは?

そう思われるのですが、実はそんなことはありません。

記事の5%程度の割合でキーワードを散りばめる!これは良く聞きますが、やや多すぎです。

回答

狙うキーワードの「共起語」をいれるようにするともっとよくなりますよ。

何度も同じキーワードを出現させると「Google側」「ユーザー側」にとっても「しつこいな!」と思われます。

無駄なseoを取り入れるよりも長期的にアクセス数を増やして行きたいのであれば、誰にとっても見やすいサイトを作成したいですよね。

Googleの検索結果でのサイトのランキングを操作する目的で、ページにキーワードや数字を詰め込むと、ユーザーの利便性が低下し、サイトのランキングに悪影響が及ぶ可能性もあります

ポイント
集客のほとんどがスマホユーザーからのアクセスです。SEOの検索順位に「スマホからの見え方」が検索評価の対象となっています。

Android,Iphoneなどの端末で複数のブラウザ(Safari,Chome,Firefox, Internet Explorer)で自分のサイトを見てみましょう。モバイルフレンドリーは大切ですよ。

記事のボリュームを増やして行く

たったの1000字よりも4000字の方が結果的に多くのキーワードからの集客できます。

もちろんただ増やすのではなくて、ユーザーにとって必要な分だけ増やすようにしましょう。

より深く内容について突っ込んでみたり、

他の記事を参考にしながらボリュームを増やして行くと「網羅性包括性」が高まります。

記事がどのような検索キーワードで検索され、ページに飛んでいるのかをGoogleのアナリティクスの解析データを見るとわかりますよ。

簡単にボリュームを増やす方法としては
導入部分」と「結末」の分量増加ですね。

回答2

ただし、無意味に文字数を増やすのではなくて、選定するキーワードを検索するユーザーによって意味あるものにしなければなりませんよ。

また「SEOチェックのためのSEOツール」http://ohotuku.jp/

このサイトでは、記事内の「総単語数」「ユニーク単語数」を調査できます。

13.33.47

質が高くて情報量が多い記事ほど、この「総単語数」「ユニーク単語数」が多いです。

是非あなたも「SEOチェックのためのSEOツール」を使いこなして見てくださいね

1つの記事のボリュームを多くすることでたくさんのキーワードから集客できるようになります。私はこれをロングテールSEOと呼んでいます。

入念な下調べをし、ターゲットを定め、そのターゲットが満足し、惹きつけられるコンテンツを作っていってください。

思わずブックマーク登録やソーシャルでの拡散をしてしまうようなサイトがいいですよ!

今日の格言
Web記事は人間と同じ。丁寧に栄養を与えよ。

アクセスを送る媒体を育てる

ウェブサイトのアクセスは検索エンジンからのOrganic Search(自然検索流入)だけではありません。

FACEBOOKやTWITTER、LINEなどのSocial(ソーシャル)アクセスもありますし、メールアドレスなどの既存リストからメルマガを書き、自分のサイトのURLを貼るだけでもアクセスは生まれます。

こういったアクセスを送る媒体を育てる!という発想も持ってください。

それぞれの媒体を作り育てることで集客力は一気に増しますし、それぞれの媒体でシナジー効果が生まれます。

適度に内部リンクを張り巡らす

記事の中に内部リンクをこまめに入れるとグーグルのクローラーがサイト内を循環しやすくなり検索順位が上がっていきます。

特にアクセスを集めたい記事があれば、積極的に内部リンクを貼って送るようにしてください。

適切な記事の中に、適切な内部リンクを送ることで、内部リンク先のコンテンツも見てくれて、記事の滞在時間は上がっていきますね。

やってはいけないのは、関係のない内部リンクを貼ることです。

グーグルは内部リンクのクリック率や内部リンク先がどこまでみられてたかを計測しているので、ユーザーの利便性が低くなるようなリンクは貼らないようにしましょう。

情報の鮮度を保つ

情報の鮮度やサイトの更新頻度を一定に保つと、サイトにファンがつきやすくなります。

「新しく記事が更新されていないかな?」とユーザーが思って何度もサイトに訪れてくれるはずです。

23.16.46

リピーターがいるサイトと、いないサイトでは、売上がかなり変わってきますね。

リピーターを獲得するために良い記事を書く!というの大切ですが、情報の新鮮さを保ったり、サイトの更新頻度を一定にすることも大切ですよ。

今回は記事数を増やさないでアクセスを増やす!というのがテーマの記事ですが、サイトの更新頻度を一定にするとクローラーが訪れやすくなり検索エンジンの反映されるスピードも上がっていきます。

一定更新をして、RSS機能をつければユーザーも再訪問しやすくなりますね。

狙っているキーワードのライバルをチェックする

上位表示させてアクセスを集めたい記事のキーワードを検索して、どのようなサイトが存在しているのか?をチェックしてください。

  • 記事のタイトル
  • H2、H3タグの見出し
  • 文字数、ユニーク単語数
  • デザイン性
  • サイト全体のボリューム感

細かく数値化してメモをとる必要はないのですが、ライバルチェックを重ねていると、

どういった記事がグーグルに好まれて上位表示されていくのか?」がわかっていきます。

自分の記事と上位表示されているライバルの違いはどこにあるのか?
ライバルコンテンツには有って、自分のにはないコンテンツは何か?
ライバル記事には入っている「単語」で、かつ自分のにはない「単語」は何か

回答

ライバルチェックはめちゃめちゃ大切なのでぜひやってコンテンツの修正を行ってください。

まとめ

    回のポイント

  • 誤字を修正する
  • 日本語として不自然な文を整える
  • 画像にalt属性をしっかり書き込む
  • 古い情報を新しい情報に書き換える・追記する
  • 反応が悪い記事を「非公開」に設定する
  • H2,H3タグを変える
  • 狙うキーワードの出現回数を減らす
  • タイトルはどうしても必要な場合のみ変える
  • アクセスを送る媒体を育てる
  • 適度に内部リンクを張り巡らす
  • 情報の鮮度を保つ
  • 狙っているキーワードのライバルをチェックする

品質管理を意識すると、記事数を増やすことなくサイトアクセスを増やせます。

ウェブサイトの検索順位は絶対評価ではなく、あくまでも相対評価
ライバルサイトよりも少しでも一歩でもユーザーの利便性に近づくことができれば自然と上位表示できます。

小規模(記事数は20記事程度)でも、中規模(記事数は70記事程度)でも大規模(記事数は100記事以上)でもターゲットに役に立つ記事は規模感関係なく大切です。

Google側を意識するのではなくてユーザーによって「得」があるサイト運営をしていきましょうね。

The following two tabs change content below.

松本 達弘

「全国の落ちこぼれたちのスターになりたい」中学3年時の国語偏差値28英語偏差値32。平成。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。