ウェブサイト集客がうまく行かないで悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

  • ウェブからの問い合わせが少ない
  • ウェブからの申し込みが非常に少なくて困っている

ウェブ集客にお悩みを抱えている方は非常に多いと思います。

ウェブサイトで集客するためには
たくさんのアクセスが必要だ!と考えてはいませんか?

その考えはほとんど間違いです。

大切なのはアクセスをお金に換える技術

どんなにたくさんのアクセス数があっても成約が出なかったら意味がないですし、少ないアクセス数でも成約させることができる方が良いですよね。

ウェブ集客における必要なアクセス数とは?

あなたのビジネスを展開していくときに

前提として
どれくらいの集客数が必要でそのためにどれくらいのアクセス数が必要なのか?を理解されていますか?

集客と言っても、リアルでの営業とウェブからの問い合わせ、電話に分けられると思いますが、ウェブだけで完結させる必要はありません。

リアルでの営業活動とウェブからの集客でどれくらい成約が必要なのか?まずは人数を認識するところから始めるべきでしょう。

ビジネスによっては年間5人程度取り引きすれば全然問題ないビジネスもあれば
年間400人近く取引しなくてはいけないビジネスもあります。

年間で必要な集客数を判明させて、月、週、日単位でどれくらい集客が必要なのか認識しておきましょう

実際に数字に落とし込んでみる

例えば
月に60人、1日あたり2人をウェブサイト集客したいとします。

仮に、
トップページから成約させるためのページへのアクセス率が5%
ウェブからの成約率が10%
1日に必要な集客人数が2人だとすると

X × 0.5 × 0,1 =2

X=400 となり、1日に必要なアクセス数は400となります。

ウェブページ構成にもよりますが、計算ではこれくらい必要です。

ちなみに
「トップページから成約させるためのページへのアクセス率が5%」
「ウェブからの成約率が10%」

実際にはこれよりもパーセントの低いサイトは多いです。

また
1日に必要なアクセス数が400以上のサイトはかなり集客力があるといえますね。

このように
実際にどれくらいの人数が必要で、そのためにはどれくらいのアクセス数と成約率が必要なのか

を理解していないことはどのような施策が必要なのかを理解していないことと同じです。

アクセス数が800程度あるけど、成約率が低い場合は成約率を上げるページ作成をしなくてはいけません。

指名キーワードなら成約率は高い

成約率が高いキーワードについてお話しします。

中小企業であれば、
「指名キーワードからのアクセス」は成約率が高いといえますね。

指名キーワードとは

  1. 商品・サービス名
  2. 店舗名・会社

です。

これらのキーワードで検索されるということはユーザーに認知されている証拠です。

知らないのであれば指名キーワードでの検索はされませんからね。

これらのキーワードで主に集客されているのであれば

さきほどの
「トップページから成約させるためのページへのアクセス率が5%」
「ウェブからの成約率が10%」

この数値よりもかなり良い数字を出すことができているはずです。

もしそうではないならウェブページの構成が良くないといえますので

ぜひGoogleアナリティクスをサイトに組み込んで、実際にチェックしてみてくださいね

なぜそもそも成約が出ないのか?考えるべき

アクセス数主義は非常に危険な考えで、
正直、成約が出ないサイトは成約しません

私はこれまで20−30サイト作り、各サイト100記事は公開しています。

すべてのパワーサイトにアクセス解析を入れ込み、すべての記事を解析・分析してきました。

  • 記事数は少ないけどたくさんアクセスを集めている
  • 200記事以上公開してもアクセスを集めることができない

失敗も成功も経験してきましたが
大切なのは目的を果たす事が出来ているのか? です。

「アクセスが1日に2000以上あるけど成約が出ていないサイト」
「アクセスが1日に20しかないけど成約が出ているサイト」

どちらが価値があると思いますか?

ビジネスなのでお金を生み出す事が出来ているのか?という視点で捉えなくてはなりません。

最低限のアクセスは必要ですが

1日に100アクセス、月に3000アクセス以上あるならアクセス数を増やすことよりも成約率を上げることへとシフトしていくべきです。

しかしアクセス数を増やすのは難しい

アクセス数を増やすことは非常に難しいです。

Googleの独自評価ポイントはGoogleにしか正確なことがわかりません。

なにかの施策をやったらすぐにアクセスが来るようになる!なんてことはほとんどありません。
(キーワード戦略をやれば話は別ですが非常に高度なテクニックを要します)

それに比べると成約率を上げる方にシフトしていった方が結果が解り易いです。

ウェブサイトを2パターン用意して、同じ量のアクセスが来たらどちらの方が成約が多いのか?
これを調べて良い方を残り、また新しいパターンを用意していく。

これをA/Bテスト(スプリットテスト)というのですが繰り返して行くことで確実にサイトの質は上がって行きます。

成約率を上げる施策はいますぐにでもすることができますし、結果が出るのが早いです。
アクセスアップの場合は3ヶ月から半年くらいに経過しないとわかりませんからね。

無駄な記事は非公開にすることも大切

keyboard

アクセスはあるけど成約とは全く関係のない記事

サイトに記事を入れて行くとこのような記事が出て来ると思います。

このような記事を思い切って非公開にする! ことで成約率を上げる事が出来るのです。

成約率を上げることもできますし、結果的にアクセス数を増やすこともできます

え?
と思うかもしれませんが、

Googleは検索順位を決めるときに「コンテンツ管理」をしっかりしているサイトを上位に上げる傾向があります。

確かに集客力がある記事を非公開にすることでアクセスは減って行くのですが、Googleに「コンテンツ管理をちゃんとやっている!」と評価されることで別記事の検索順位が上がっていきます。

成約率が悪い記事を特定し、思い切って非公開にしてみてください。

1日に100アクセス以上あっても成約でないのは販売力が低いです。

ある意味で100以上のアクセスは必要ないといえます。
量から質への転換が求められます

The following two tabs change content below.

松本 達弘

「全国の落ちこぼれたちのスターになりたい」中学3年時の国語偏差値28英語偏差値32。平成。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。