少ない費用と時間でサイト集客をやっていきたいですよね。

サイト制作は誰でもできます、でも結果を出し売上を立てられるのはごくわずか。

95%以上の人が集客に失敗し途方に暮れているわけですが、私が作るサイトはそんなことはありません。なぜか?

理由は簡単で、めちゃめちゃ市場調査をするからです。

サイトの成否は作る段階で決まっています

どんなビジネスでも参入する前に市場の調査を行いますが、これはサイト作成・オウンドメディアの構築でも同じです。

回答2

売上が上がらないメディアほど、作成者は全然市場調査していなかったりします

正しく行われていないとサイトの方向性がズレることになり、ユーザーから「遠いサイト」になりますよね。それでは結果的に報酬を上げることはできません。

しっかりとしたオウンドメディアを構築するためにはたくさんの記事を書いていかないといけません。
方向性が最初からズレているとどんなに努力して記事を書いてもその努力は報われなくなってしまいます。

だから市場調査はめちゃめちゃ大切なのです。しっかりリサーチを重ねて成約が出せるサイトを作っていきましょうね。

解説動画

よくある大きな間違い

15.43.55

ニキビというジャンルを例にとり、女性用クリームの販売を目論んでいるとします。
ほとんどの人はなぜか、ニキビクリームだけをインターネット上でライバル調査する傾向にありますが、これは大きな間違いです

なぜネット広告を見るだけではダメなのか

その理由はユーザー目線にたってみればすぐにわかります。

ニキビに悩んでいる人はネットだけで悩みを解決しようとしますか?インターネット広告だけを見ますか?

ユーザーの目の前にはたくさんの解決策があるはずです

ニキビを改善する」という同じ未来を提供する商品は
薬局で売られている、百貨店で売られている、コンビニで簡単に手に入る

などなどたくさんのところで売られていますし、なにもネットだけで探しているわけではありません。

ニキビを改善する関連商品のライバルとなるのは「クリーム」だけではありませんよね。

体の老廃物を取り除くもの、ビタミンが豊富な食べ物、ニキビ改善を解説する書籍などの商材はたくさんあります。

  • 直接競合
  • 間接競合

これらを定義し、ライバルはどんなものなのか?誰なのか?を徹底した調査していかないといけません。

回答

だから販路だけに着目し直接競合だけを見比べていてはダメなのです。

目標金額の10%は必ず調査費に当てて行く

1.50.45
月に稼ぎたい金額の10%は市場調査費に当てて行くべきだ!と考えています。これは最初にリスクを取って、後でリターンを大きく回収する考え方です。

というのも、
最初から間違った方向性を定めて間違ったまま進んで行く方がよっぽどリスクだと考えます

将来発生する時間的なコストを最小限にまで下げるためにはお金は必要ですからね。

月商500万円が目標の場合は50万
月商1000万円が目標の場合は100万

ちょっとやりすぎ?と感じるまでリサーチしないと本当のユーザーニーズやウォンツは掴めないですし、スピード感を意識しすぎてないがしろにしていいものではありませんからね。

このようにドンドン調査するためにお金を使って行きましょう。

間違った方向性で、間違ったキーワードを上位表示しようとして、結果的に上手く報酬が発生しなかったら時間が無駄になります。

Webサイトを作るための時間が全てに無駄になるのはきついですよね。

記事のタイトルや記事コンテンツ、Webデザイン全てを変えても報酬がゼロ。金銭的なコストにも時間的なコストにもしっかりと目を向けていきましょうね。

予算枠を作り、しっかりお金をつぎ込んでいきましょう。ドメイン代とサーバー代だけ、では結果は出ません。

試しにリスティング広告を打ってみる

15.56.50

私は企業や個人事業主の方にサイトのコンサルティングをする場合でも試しにリスティングを打ってみることをお勧めしています。

理由は4つです。

●リスティングをやるべき4つの理由

  • 実際に売れるキーワードがわかるから
  • プログラムが売れるかどうかわかるから
  • キーワードに対する意識が向上するから
  • 競合がどのようなサービスを売っているのか?わかるから

サイト作成はコンテンツを作っていくことも大切ですが、キーワードを発掘する能力も必要です。

いわゆるお宝キーワードってやつですね!お宝かどうかはやってみないとわからないですよね。

実際にリスティング広告を打って確かめてください。

記事は公開してからGoogleで上位表示され、オーガニック検索が集まるまで時間がかかるが
リスティング広告の場合はすぐに表示されるので結果がすぐわかる

またお金を掛けてキーワードを発掘する!という意識が芽生えるだけでかなりキーワードに対して敏感になると思います。

これだけやれば他のメディア運営者とはかなり差をつけることができる!と私は考えています。特にサイト立ち上げ時の時にはドメインパワーも弱いため全然アクセスが集まりません。

弱い時はリスティングをやっておくのをお勧めします。

ライバルサイトは全てチェックしてCSVファイルでまとめる

参入するテーマやジャンルのライバルとなりうるサイトは全てチェックしていきましょう。

私もサイトを作るときは狙うキーワードで検索をかけて、最低でも1キーワードにつき20サイトは目を通します。

その中で良いと思ったコンテンツやWebデザイン(レイアウト、HTML、CSS)は記録として残すためにCSVファイルでまとめています。

ある程度、どのようなサイト(ECサイト)があるのか?コンセプトはどのようなものなのか?どのような人をターゲットにしているのか?は把握しながら、まだ市場にないコンセプトを見つけていくわけです。

自社でオウンドメディアを作るためにはこれくらいはやっていかないと生き残ることはできません。

検索エンジンを使ったビジネスモデルは椅子取りゲームみたいなものなので、まだ取られていない席を見つけていきましょう。

回答

どのテーマも万人向けのメディアは大手キュレーションサイトが牛耳っているので、適当にやっても勝てませんよ

市場の隙間(ニッチ産業)はどこにあるのか?確かめましょうね。

重要ポイント
サービス、商材をどのように売っているのか?を整理しておきましょうね。私はメルマガ発行しているのか?もチェックしています。

市場調査で選定するもの

16.08.36

上記のものを市場調査をやりながら決めていってください。

訴求の角度とは、ターゲット選定(ペルソナ設定)することです。プログラム購入者の8割が女性なのに、男性向けにサイトを作ってしまう人もいます。

ターゲットがずれていると全くコンバージョンを出すことができませんし、いくらアクセスを集められても成約を出せないという地獄の状況に陥ります。

意図的に男性向けサイトを作っているのであればまだ良いのですが、そういった購入者の比率や特徴を知らないでサイトを作ってしまう人もいるので、しっかりと調査を重ねていきましょう。

市場調査をしっかりやっておくと、自分が参入するテーマに関しての知識がより豊富になってきます。

回答2

知識が豊富になるとかなりコピーライティング力も自然と高まりますし、1記事に対するライティングの時間も短縮させていきますよ

市場調査で使えるもの

16.20.56

16.19.41

ネットでもリアルでも市場調査はやっていきます。

中には無料でできるものもありますが、

  • リスティングを打ってみる
  • 関連する書籍を買って読む
  • クラウドアンケートを取ってみる

このような有料のものもあります。

どれをやっていった方がいいですか?」と聞かれたら私は全部やりましょう!と回答しています。

すべてです。すべて。

徹底した調査をやることでサイトを作る前にかなり精度の高い構成になっているはずです。

サイトを作る前に上手く行くか、行かないかは決まっている

作ってから悩んだり、立ち止まったりするのは勿体ないです。

中古ドメインではなく新規ドメインでサイトを作る場合、サイトの成否はすぐには分からず、3ヶ月・6ヶ月経過しないとわかりません。

失敗したまま進むリスクを最初のほうにカバーしておかないといけませんよね。上手くいかないために、また別のサイトを作ったりすべてを手直しする時間はかなり勿体ないですよ。

サイトで売上をあげるコツは、ターゲット(ペルソナ設定)を明確にし、「たった一人のために書く意識」でサイトを作っていくことです。

その「たった一人はどこの誰なのか?を明確にすること」これはサイトを実際に作成する前段階の市場調査でやっておきましょう。

インターネット集客の成約率は高くても2%程度なので最初から2%の人たちだけを狙って行くほうがビジネスとして効率的だと言えます。

まとめ

    回のポイント

  • 目標月商の10%は必ず調査費に当てて行く
  • 試しにリスティング広告を打ってみる
  • ライバルサイトは全てチェック
  • ネットを使って情報収集
  • リアルでも情報収集
サイトの合否は市場調査の段階で決まっている!
売れるかどうかは作る前から決まっているのです。調査を徹底してやりながら、売れるサイト作成をしていきましょう!