「よくわからないほどこっそりと稼いでいるアフィリエイターがいる」と噂を聞きつけ先日、逢ってきました。

その方はサイトアフィリエイトをメインでやっており、時にはPPCもやっているようです。

話を聞きながら、僕が感じたことやサイト作成のコツをシェアしていきます。

「あ〜、そこまで徹底しているのか!」
「月商数百万稼ぐサイト運営者はそんなところも気にしてやっているのか!」

とサイト運営面で学ぶことは多かったですし、仕事のスタンスも素晴らしかったです。

学んだことを動画でシェア

文章だけだと、伝わらないので動画もぜひ見てくださいね。

普通のアフィリエイターとの決定的な違いは

徹底的に本質を大切にしている

money-163502_960_720
その方は、めちゃめちゃ本質を大切にしていましたね。

ウェブサイトのみで収益を上げるビジネスで成功するのは非常に難しいです。

顔を名前も出さずにサイト構成とライティングだけで信頼を獲得し、ユーザーの行動を促す過程では様々なテクニックも施されていますが、

本質への理解を高めることが最も大切です。

僕はメディア運営を中心にやっていた時期もありますが、さすがに月数百万稼ぐまでには至らなかったです。

インターネットビジネスの本質とは、「ユーザーの気持ちを理解すること」です。

回答2

これは他のビジネスでも同じですが、ユーザーの顔が見れない以上、ネットだけで稼ぐために、思考力は必然的に磨いていかないといけません。

例えば、あなたがニキビを改善する塗り薬の商品を売ろうと思った時に、ただなんとなく塗り薬の良さだけを伝えていませんか?

これではダメです。

ユーザーの選択肢には、サプリ、病院で処方される薬、体質改善、ドリンク、食事療法などがあります。

その中で、なぜその塗り薬がいいのか?を明確に伝えないと絶対にユーザーは買いません。

文章を見たユーザーが抱える疑問等を別の個別ページなどでシラミ潰しのようにやっていかない限りは成約しないわけですが、

月数百万稼ぐアフィリエイターはそこがめちゃめちゃうまいです。

このユーザー心理に結びつく本質的な考えが、インターネットビジネスでは求められます。

考えるべきユーザーの4つの心理

  • そのキーワードを検索したときの気持ち
  • なぜそれを検索するに至ったのか
  • 検索時の背景
  • ユーザーは何を求めているのか

サイト運営には機械ベースではなく、思考ベースの作業が求められています。

だから、
1日に何千字書いたら良いですか?
どれくらいで報酬を上げることができるようになりますか?
成約を出すために必要なアクセス数はどれくらいですか?

このような質問は非常にナンセンスなんですよね。

ユーザーニーズとマッチしたサイトを作って、そこにアクセスを流せばよいのです。そのためにはユーザーが本当に抱えている欲求や欲望・悩みの本質を理解しなくてはなりません。

一生懸命記事を書いていると忘れがちになってしまいますが、

広告のクリック数をシビアに計測するべき

その方はサイトに張っている広告のクリック数をシビアに計測していました。

広告バナーに1日5クリックされているのが、1日10クリックされるようになったら、
単純計算で売り上げは2倍になります。

これが1日6クリックになっただけでも、実質1クリック増えただけですが、売上は月に20%上がります。

13.57.16

だからこそ、販売ページのクリック数をシビアに計算し、収益を最大限に引き上げる努力を惜しみません。

1記事書く時間よりも、1記事を見直して、改善する時間の方が圧倒的に長いです。

作ったら終わりではなくて、そこから分かるデータを解析し、自分なりに分析するスタンスは非常に大きな差を生み出します。

クリック率の改善して、収益の最大化を目指していきましょう。

また、ほとんどのメディア運営者はアクセス数ばかり重視しますが、その方は・・・

サイトの販売力を最も重視している

オウンドメディアビジネスで必要なのはアクセス数ではなくて販売力
成約を出すのか、出さないのか?

必要なのはこの一点だけです。

アクセス数がたとえ1日1000あったとしても、成約しなかったら売上は0
アクセス数が1日に10だったとしても、成約すればその分が売上になる

大切なのは、販売力。

販売力が強いサイトを作っていくことに注力してください。

月に1000回以上検索されるキーワードではなくて、
全然検索されないけど、ニーズが濃いキーワードを中心としてサイトを作って行くことで、

アクセスをお金に換えることができます。

また、送客した販売ページがユーザーにとって利便性の高いものでなくては行けません。

販売ページで実際に申し込み記入をする

6.30.57
商品の申し込みフォームに情報を入力してください。

実際にユーザーが買ってくれないと報酬になりません。
その時に重要と成ってくるのが「買いやすいのか?」です。

いくらサイトデザインやライティングが良かったとしても、複雑な申し込みフォームだったらユーザーは離脱します。

  • 申し込みフォームは簡略化しているのか?
  • lpとフォームは一体型に成っているのか?

今一度確かめてみるといいですよ。

目に赤い点ができるほどの作業量で他者を圧倒

僕がその方とお会いした時に、その方の目が赤く染まっていました。

「目、大丈夫ですか?」と聞いたら

「寝不足で目がやられてしまいました。医師にも寝ることを勧められたのですが作業したくて、、」

と笑いながら話しており、本当にびっくりしちゃいましたよ。

この人はここまで命をかけてサイト運営しているのか、、、とため息が出たと同時に自分の努力不足を痛感しちゃいましたね。

  • 文章量は1日に3万字程度書いている
  • 睡眠時間は多くて3時間程度
  • 起業してから4年経過するが、最初からこんな感じ

やりすぎな感じがしますが、ビジネスだと捉えて懸命にサイトを作られています。

す、すごいですよね。確かにこれくらいやれば数百万は稼げると思います。。

まとめ

    回のポイント

  • 本質を大切にしている
  • クリック率にこだわっている
  • サイト販売力を重視している
  • 申し込みフォームに記入している
  • 作業量がめちゃめちゃ多い

いかがでしょうか?

月に大きな金額を得るメディア運営者はやはりユーザーに気持ちに立ってみるのが上手いです。
そして作業ベースではなくて思考ベースで仕事をしています。

本当に参考に成ることばかりで実りのある時間を過ごすことができました。

松本松本

ご紹介してくださった方、本当にありがとうございました

The following two tabs change content below.

「マーケの集い」主催 松本

代表合同会社WMC
平成生まれ。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。