ウェブ記事を書いていると、時にネタ切れしてしまい新規記事を追記できなくなってしまうことって起こりますよね。

あ〜、全然ネタがない!
もうすべてを書き尽くした感じがする・・・

と悩んだ経験はあるはず。

僕はこれまで3000〜5000記事書いてきましたが、ネタ切れしたことが結構ありました。

しかしこれだけ記事を追加できたのは、今回話す内容を実践してきたからです。

そこでネタ切れ時にはどんなことをすれば良いのか?
起こさないようにするにはどうしたら良いのか?

これらについて簡単にお話していきます。

解説動画

前提として・・・・

ネタ切れを引き起こさないためには、その前提として、アウトプットすることを前提にインプットしていくことが大切です。

いつか使うだろう知識はいつまでも使いません。
必要以上に知識を貯め込むのではなくて、使う用途が明確な知識を貯め込むようにしてください。

アウトプットありきでインプットすることを僕は強くお勧めしています

特にお勧めな情報収集方法

  1. 大量の書籍を読み込む
  2. 競合サイトを見る
  3. トレンドを取り扱う
  4. コンビニに行き雑誌を見る

ネタ切れしたときに上記のものがお勧めです。

詳しくは動画でも解説しているのでぜひ参考にしてください。

ネタ切れしたらトレンドを扱う

ネタ切れして、何も出てない時に僕がお勧めしているのは、「トレンドを取り扱う」です。

  • 芸能ネタ
  • 季節が絡むもの
  • ニュース
  • 事件

話題性があるものを題材にして記事を書いていくことをお勧めしています。

これまでにないモノが流行るということはある意味で新しい市場が検索エンジン上で生まれることと同じですよね。

新しいものが流行ることで検索エンジンでそのキーワードが検索されます。

回答

新しい言葉の市場が生まれるわけですね。

新しいがゆえにそれに関する記事や情報は少ないので、
記事は上位表示されやすく一気にアクセスを集めることができるようになるわけです。

こんな感じでトレンドを扱うことで一気にアクセスを集めることができます。

トレンドとサイトテーマを絡ませることで一気に市場の注目を集めることができます。

重要ポイント
ただトレンドを扱うのではなくて、自分がそのトレンドにどう思うのか?という意見や感情を混ぜましょう!そうするとオリジナルコンテンツが出来上がっていきますよし、次第にファンが付いていきます。

ヤフーリアルタイムをチェックする

ヤフーの検索ボックスに「リアルタイム」があるので暇がある時にどんなものが話題になっているのか?をチェックしましょう。

このリアルタイムを使ったノウハウの応用を少し話すと、

毎年、毎月、リアルタイムで話題になる題材」というものがあります。

例えば、この記事を書いているのは2018年8月2日ですが、どうやら8月2日は「パンツの日」らしいです。

きっと去年も一昨年も8月2日のリアルタイムではパンツの日が話題になっていることでしょう笑

このように、決まった日にちや季節になると必ず話題になるものがあります。

そのようなものをあらかじめ抑えておくと、非常にアクセス数が稼ぎやすくなりますし、記事も書きやすくなるはずです。

パンツの日とあなたが取り扱っているテーマとマッチするかはわかりませんが、イメージは伝わったと思います。

このトレンド系のノウハウについては、

<関連記事>
⇨トレンド集客のやり方を大公開!瞬間最大風速でアクセスを集める

こちらの関連記事にアクセスしてみてください。

回答

トレンド系は絶対に知っておいた方がいいノウハウですよ

最後に・・・

6.27.22

継続は力なり

継続することで新しい世界が見えてきますし、新しいものを知ることができます。

当たり前のことを当たり前にやり続ける
シンプルですが、難しいことですよね。

毎日の積み重ねがポイントですね!

<関連記事>
⇨アクセス数を増やすことなくWeb売り上げを2.4倍にした実例

The following two tabs change content below.

松本 達弘

「全国の落ちこぼれたちのスターになりたい」中学3年時の国語偏差値28英語偏差値32。平成。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。