auditorium-572776_960_720

本質を理解しないで成功者が行うセミナーにいっても成功することは残念ながら絶対にありません

今回は成功者セミナーの正しい受け方について話していきます。

正しい受け方について知ることは結構大切です。
マインドだけ高くなって高額商品を買わされたり、高額なコミュニティーに入るなんてことがないように注意してください。

どのような態度でセミナーを受けて、どのようなスタンスで話を聞くべきなのか?について話します。

成功者の話は個別的な体験

成功までの階段
成功者セミナーで共通していえるのはその内容はあくまでも「個別的な体験談だ!」ということです。

成功者に言われた通りにしても同じ結果が出るなんてことはありません。

「個別的な体験ストーリーの要素が強い」ということは事前に自分の胸に刻んでください。

さもないと、いま自分が取り組んでいることに疑いを持ってしまったり、自分もこの通りにしないと駄目なんだ!と勘違いを引き起こす危険性があります。軸がぶれてしまって行動できなくなったら意味が無いですからね。

また
個別的な体験談であるがゆえにその再現性の保証は一切されていないのです

このことは忘れないでくださいね。

その体験談の時間軸と現在の時間軸では結構な「違い」があります。

社会的な制度の問題だったり、その時代の常識だったり、法律や規制の状況だったり、と成功者のサクセスストーリーの背景と現在では大きく異なっていることがあります。

さらにその人の特徴だって異なります。身長だったり、身なりだったり、性別だったり、出身地だったり。成功できた理由が「取引相手とたまたま同じ出身地で話が盛り上がって契約が決まったこと」だったりすることもあり得ます。

今日の格言
成功の要因は人それぞれ。その時の法律や社会的通念、制度などが成功の要因だったりすると、そんな人の話を聞いても真似できない。

会場を出たらスイッチを切る事

18.07.48
成功者の方は「人をやる気にさせる能力が高い」傾向に有ります。

というのも以前の時代のビジネスは人のレバレッジが掛かけて売上をあげていました。

会社を大きくしようとしたときに「人を雇う」という選択肢をほぼ例外なく取っていたことを想像するとわかりやすいと思います。

生産性を上げるためには人にやってもらう、人を雇うことによって初めて生産性を高める事が出来たのです。

一人でやるよりも二人でやった方がスピードも量も高まる時代でした。

また一人あたりの生産性を最大化するためには「やる気を出させる」必要があったのです。

なのでいわゆる成功者の方も自分の能力が高いのはもちろんなのですが、「多くの人をやる気にさせる」ことも成功する要因だったというわけですね。

やる気を引き出すことに関して成功者に右に出る者はいません。

だから成功者セミナーに行ったらほとんどの参加者が

  • おれもまだまだこんなもんじゃない!
  • もっと頑張らなくちゃ!
  • 明日の仕事も全力で頑張ろう!

このように思うのはある意味で当然のことなのかもしれませんね。

しかし注意しなくてはならないのはあくまでも個別的な体験談に過ぎないので、すべてを真似するなんてことはできません。

なのでセミナーの会場に出たら
すごく良い刺激をもらうことができた、でもあれは他の人の成功事例だからおれはおれのやり方で頑張ろう!
と自分なりにスイッチを切ることが大切です。

高まったマインドを一旦冷静になってみることでより質の高いエネルギーに変えることができるでしょう。自分なりの気持ちの整理の仕方を身につけておくことが大切ですよね。

会場の人たちと交流を持つこと

window-770535_960_720
成功者のセミナーには普段は関わることができないひとたちが来ている可能性が高いです。

なので会場にいるひとたちと積極的に交流を持つようにしましょうね。ただ話だけ聞いても意味がありません。

成功者セミナーの良いところは同じように頑張って成功をつかみ取ろうとしている人やすでにある程度事業展開して時間が空いている成功者の方々が来ているところです

なのでせっかく質の高いひとたちが集まるセミナーに行ったのであればしっかりと会場にいるひとたちと交流を持ってみてくださいね。

「人の話だけ聞いて成功する」なんてことは絶対にないですから。

またサラリーマンやOLの方は「交流会」専用の名刺を作ることをお勧めします。

株式会社の○○の○○です! が通じるのは会社内だけですのでしっかりと「自分自身に興味・関心をもってもらえる」ようにすると良い縁に恵まれる可能性が高くなるでしょう。

今日の格言
成功者セミナーには意識が高い人が集まっていることは事実。成功者の話ではなくて、そこに集まっている人に興味を持つべし。

その人の商品は事前に買っておく

その成功者セミナーに参加する前に出来るだけ講演者の商品を事前に買っておくことも忘れてはいけません。

というのもその成功者の「人となり」がある程度解っていれば「個別的な体験談」の理解が深まるとともにそれを自分のなかで一般化、抽象化しやすくなり話を自分に合わせてみることができます。

その人が本を出版しているのであればその本はすべて事前に買っておく。

これはマナーだとも私は思っています。

そうすれば「本当の意味で成功者がなにを言っているのか」の物語の背景を掴むことができますからね。

  1. その人のウェブサイトの記事
  2. facebookの投稿
  3. 経歴

これらはすべて把握するようにしてください。

そうではないと行って「良い話が聞けた!」で終わってしまいますからね。

まとめ

    回のポイント

  • 個別的な体験だということを認識しておく
  • 気持ちを高めるために行くは会場を出たらスイッチを切る事
  • 会場の人たちと交流を持つこと
  • その人の商品は事前に買っておく

せっかく成功者セミナーに行くならしっかりと「収穫」するようにしましょう。

知識、ビジネスに対しての態度、人脈など、得られるものは何かしらあるはずです。正しい受け方をして正しいスタンスで話を聞いてみると良いと思います。

この手の成功者セミナーや自己啓発セミナー、モチベーションアップセミナーなどが増えてきましたね。

ただ参加する鴨にはならないように。ビジネスの成功は人の話を聞くのではなく、あくまでも日々の実践と毎日の鍛錬が成功の鍵を握っています。

The following two tabs change content below.

松本 達弘

「全国の落ちこぼれたちのスターになりたい」中学3年時の国語偏差値28英語偏差値32。平成。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。