人は心理状態が変化したときにモノを買う

故にマーケティングは心理学要素が非常に強いです。

心理学は「心の理論の学問」と書きますが、脳科学でもあります。

欲しいと思ったとき、買いたい!と思った時に脳にどのような変化が起こるのか?
今回は興味深い事実をお話していきます。

意思決定を下す前に意思は決まっている

tomato

被験者がボタンを手で押す際の脳活動を測定したところ、
被験者に「どちらの手でボタンを押すか」という意思決定が起きる7秒前に前頭葉前頭局における活動が測定でき、その時点で被験者が右手でボタンを押すか、左手で押すかを予測できたとのことです。

研究では被験者が自分の意思を意識する前に、どちらの手でボタンを押すかはすでに意識下で決断が下されている

閲覧日2016/8/20 
引用URL:http://science.srad.jp/story/08/04/15/041236/ 

自分が「意思決定をする」。
自分がどのような意思決定を下すのか?はその7秒前に決まっている ということが研究によって明らかになったのです。

この7秒前までは自分ではそれを「意識していなかった」のですが心のうちは決まっている ことも指しています

回答

無意識的なレベルのことなので、直感や第六感の世界だと思うのですがこれって非常に興味深いですよね。

無意識的に買いたいと思っている

買いたい!欲しい! と思うことは意識的な活動ではなくて、実は無意識的なレベルの話なんです。

  • なんとなく気になる
  • なんとなく手に取りたくなる
  • なんとなく使ってみたくなる