100記事書いたあなたはようやくスタートラインに立ちました。」

ある程度文字数を書いてきたので、色々慣れてきた頃かと思いますが、まだやるべきことが多くあります。

アクセス数を安定させることができますが「100記事投稿したら次にやるべきことはなんでしょうか?」と質問をいただいたので、回答していきますね。

僕の経験上、100記事公開したら、新規記事の作成はするべきではありません。


無料メールマガジンのご案内


100記事投稿後は、大きく分けて2つやる

やることは「Googleアナリティクスを使った分析」、「これまでの記事の見直し」。

順番に解説していきます。

Googleアナリティクスを使った分析

ユーザー属性の把握


Googleアナリティクスの画面で、オーディエンス→ユーザー属性→概要の画面へと進んでください。

そうすると、サイト訪問者の年齢と性別がわかります。

サイト作成時に想定したペルソナ像と一致しているか?どうかをこの画面を通してチェックしてください。

もし男性向けサイトの訪問者の多くが女性だった場合、タイトルを変えたり、コンテンツを変えていく必要があります。

集客経路の分析

  • オーガニック検索 Organic Search
  • ダイレクト Direct
  • ソーシャル Social
  • 外部サイト Referral

上記のチャネルのうち、どの集客経路からのアクセスが多いのか?を調べる必要があります。

Googleアナリティクスの画面から、集客→すべてのトラフィック→チャネルの画面へと進んで分析してみてください。

アクセスを集めている記事の特定


次は、投稿した100記事のうち、どの記事がどれくらいのアクセスを集めているのか?を把握する必要があります。

行動→サイトコンテンツ→ランディングページの画面へと進み、サイトに訪れるユーザーが一番最初に着地するページを調べてください。

だいたい100記事のうち、集客がうまくいっている記事は10〜15記事程度だと思います。

上位表示を狙っている記事がちゃんと上位表示されているか?を調べてください。

投稿した記事の見直し

下位表示されているコンテンツを修正して、検索結果上位までの引き上げを狙います。

初心者の人ほど上位表示にあまり成功していない傾向にあり、検索エンジンの評価に適さないコンテンツを作っているケースが多くみられます。

Webサイトの成約率を上げたければ”削れ”【中級・上級者向け】

WordPress初心者向けの内部SEO対策の決定版!月10万PV目指せ!

【決定版】サイト記事の品質管理テクニックでアクセス数が倍増する!

この3つの記事は事例とともにどうやったらアクセスを集めていくのか?について徹底して解説しているので是非参考にしてください。


無料メールマガジンのご案内


新規記事の追加は最後で良い

100記事公開してから、アナリティクスでデータ解析し、そしてコンテンツの見直しをやりきった後に新規記事を追加していきます。

100記事投稿して、アクセスが集まっていない・売上が上がっていないのであれば何かしらを間違えている可能性が高いため、うまく行っていない原因を突き止める必要があるでしょう。

原因を分析した上で、新規記事の追加を行ってください。

正しく集客できてくると、自信になりますしモチベーションが上がっていきます。サイト上での売上の拡張はそんなに難しいことではありません。

0から1を作るのが、めちゃめちゃ難易度が高いです。まずは分析に慣れて、あなたなりの勝ちパターンを見つけてください。

新しい記事やカテゴリーを追加していくと、安定した集客ができるようになるはずです。

繰り返しになりますが、まずはGoogleアナリティクスでデータを把握し、既存記事の修正を図りながら、新規記事を追加していってくださいね。

最後に・・・

大切なのは、時間をかけることです。

ユーザーのためを思って記事の追加や手直しを加えることで、ファンが生まれます。

Googleからも好評価をもらえ、結果的に様々なキーワードで上位表示されて行きます

Googleアナリティクスを見ながら、各記事の反応率をみていきましょう。

反応が良い記事の共通点、悪い記事の共通点、それぞれが解れば徐々に反応率を高めることができ、サイトの成約率も上がって行きますよ。

The following two tabs change content below.

「マーケの集い」主催 松本

代表合同会社WMC
平成生まれ。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。