最初は大学3年生のとき、お金も人脈も何もない状況からのスタート。あるのはたくさんの時間だけ。
起業してから無事6年経過し、無事生きながらえています!(笑)。

3年間で基礎を固めて、残りの3年で色々な人と会い、色々な経験をしてきました。

私は起業しようと思ったその日にビジネスを始めたのですが、中には踏ん切りがつかず、なかなか起業できない人もいると思います。

そんな方に向けて、
お金とか時間とか人脈とか、最初はみんなないんだからまずは一歩踏み出そうよ」という話をしていきたいと思います。

欲しいものを得るために「捨てる」覚悟はありますか?

要らないものを捨てることで隙間ができ、自分が求めるものを手に入れることができます。

例えいまあなたには限られた時間・お金・人脈というリソース(資源)しかなかったとしても「捨てる」ことで
確実に隙間・余裕が生まれ自分が望んでいる結果を手に入れることができるはずです。

回答

今回は私が起業して3年経過し、分かったことについてお話していきます

無駄に時間を浪費させるものは捨てる

「時間がないと言い訳していませんか?」
成功者はみな時間にシビアです。

いままでと違う結果を手に入れたいのであればまずは時間の意識を変えるべきですね。

なのでまずは1日の中で無駄に時間を浪費させるものはどんなものがあるのかを書き出してみる必要があります。

テレビを見る時間、スマートフォンをいじる時間、ゲームをする時間。
などなど削られる時間をすべて「削る」。

携帯電話を捨てることはビジネス上では難しいと思うので
テレビを見ることが習慣化している人はテレビを捨てることで確実に隙間時間は生まれます。

いきなり捨てることができなければ、テレビのコンセントを外してみるなどの工夫をみてください。

仕事場まで時間が1時間以上掛かる方はなるべく現場の近くに住むだけでも時間は確実に空きます。

    削れる時間一例

  1. 帰宅してからすぐに作業に移れるまでの時間
  2. ご飯を食べる時間
  3. 仕事現場まで行く時間
  4. お風呂に入る時間

日常の無駄な部分がどこにあるのか?を整理整頓すれば「時間がない」はなくなります。

人が1日1時間やることに対して1日2時間、3時間程度費やす事が出来れば間違いなく結果を出すことができるでしょう。

掛けた時間の差は2、3倍程度かもしれませんが成果を出すスピードは一気に加速して行くのでその「差」は5倍、6倍にも開いて行きます。

「時間がない・・・」「忙しくて・・・」が口癖の方は
まずは自分がどこに無駄に時間を浪費させているのかを逐一チェックするとよいです

いらない時間はドンドン捨てて行くべきです。

私が今まで出会った起業家・実業家の方々は
「そんなこと出来る時間なんてあったの?」と思うほど仕事のスピードも速いですし、知識も豊富です。

「どこにそんな時間があったのですか?」と私が聞くと、

皆口を揃えるように、「時間がないなんて言い訳だからね。」と答えます。

資金や人脈は人によって異なりますが、1日の時間は誰に取っても平等。
唯一の平等は時間だと、私は起業して最初の3年間で痛感しました

いらない交友関係は捨てる

すべての人が自分にとって「必要か?」と言われたら決してそうではありません。

好き、嫌い という判断ではなく、


その人は自分にとって「必要か必要でないか


で判断してください、

その判断基準の中で「必要ではない人」との接点はドンドン捨てて行くべきです。申し訳ないですが。

例えば、交流会や紹介で出会った人に「打ち合わせをしましょう!」と言われ後日日程を決めて、

打ち合わせをしている最中に

事前に言われた案件ではないことを話す人や
全く言っている意味がわからない人と遭遇した場合は私は迷わず荷物をまとめて席を立ちます。

「インターネットマーケティングの相談で・・・」と言われて日程を合わせたのにも関わらずよくわからないネットワークビジネスの勧誘だったり、

「お金がないので貸して欲しい」などのよくわからない相談をされたときには迷わず席を立つようにしています。

このようなミスマッチが起こらないように「逢いましょう!」と言われても

  1. 具体的にどのような要件なのか
  2. HP等の媒体はあるのか
  3. なぜ逢いたいと思うのか

等々は事前に聞くようにしています。

向こう側に利益があったとしてもこちら側に利益がなかったとしたら、取引は成立しません。
その逆も同じなので、私が逢いたいと思う方には上記の3つのことは伝えるようにしています。

よくわからない交流会に関しても
「自分が求めているものはない」と判断した場合はすぐに会場を去るようにもしています。

ちょっと過激のように思われてしまうのですが、
自分にお金、人脈、時間などのリソース(資源)がない場合はより慎重に行動しなくてはなりません。

お互いが「win-win」の関係を築くように考えていくことで、ビジネススキルも上がって行きますよ!

また、友人関係も同じことが言えると思います。

毎日連絡を取り合わなくても友達は友達です。1年くらい会わなくても友情にヒビは入ることはないでしょう。

今会えなくても、将来会えますからね。

私は起業した当初、ほぼ友達とは会っていませんでした。

「別に今会えなくても、将来友達が何か合った時には必ず向かう。」と誓っていましたね。懐かしい。

必要性のないものは捨てる

捨てることで隙間が出来、必要なものが自然に入って来る
と私は考えています。

ギュウギュウ積めのリュックサックには何も追加できないのと一緒でそれは自分の所有物も同じだと思います。

  • もう読まないだろう漫画
  • 必要性のない書籍
  • 使うことはないだろう文房具
  • もうやらないだろうゲーム
  • スペースだけ取る家電

確かに思い入れはあるかもしれない一品でも自分が高く上昇すると決意した時に、必要ないものは必要ありません。

中には躊躇することはありますが、私はいらないもの、必要の無いものはほぼ捨てています。

なので部屋には必要なものしかありません。びっくりするほど私の部屋はシンプルです。

時間的な隙間もできますし、仕事にも集中できますからね。

目標を達成してから遊ぶ

やりたいことをやったり自由な生活に目を奪われることもあるかと思いますが、そういうことはやった後にやるべき。

ビジネスである程度お金を自力で稼げるようになるまではとことん捨てるべきものを捨て、仕事やビジネスに集中することが先決でしょう。

どんなに時間がない、お金がない、人脈がないという「ないない尽くし」だったとしてもいまやるべきことは解っているはずです。

それを徹底的にやっていきましょう。

いきなり大きな仕事はできませんからね、毎日の積み重ねが正しい方向へあなたを導いてくれるはずです。

起業して3年で分かったことは
必要の無いものは捨てて、自分のすべてを仕事に打ち込め」です。

仕事に打ち込んでいけば、
良縁に巡り会え、普通の人が経験できないことを経験できるようになります。

これからも私はフルコミットして社会に価値を提供して行きます。

起業した感想

何もアイディアもありませんでしたし、起業したいなんて思ったことがありませんでした。

小さい時から会社経営したいと思っていた方は結構多いですよね(心の中でそう行った方をビジネスのサラブレッドだと呼んでいます。)

もちろん起業は生半可のものではなく、ほとんどがいなくなります。

軌道に乗らずに退場した者、最初は順調だったけど驕りが出ていなくなった者。

理由は様々です。

どんな状態でもビジネスの基本である「より良いものをより安く提供する」に立ち返えることが非常に大切だと日々痛感しています。

お金を稼いでも皆が皆幸せになるとは限りませんし、よくわからないほどプレッシャーを抱えて過ごす時もあります。

でも自分が一度掲げた信念を曲げずにやり通すことを続けていけば絶対に自分なりの成功は掴めると確信しています。

一応、本業はインターネットマーケティングコンサルティングなので何かありましたらご要望ください笑。

The following two tabs change content below.

松本 達弘

「全国の落ちこぼれたちのスターになりたい」中学3年時の国語偏差値28英語偏差値32。平成。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。