なるべく知識が少ない層を狙った方がかなり効率的にフォロワーを増やせる!というのが、僕の結論。

上位知識層はSNSは見ませんし、中間層は目的を持って情報収集するのでかなり時間がかかってしまいます。

手取り早くやるのであれば、あまり知識がない層に向けてやるべきですよね。

徐々にフォロワーを増やしながら、市場からの注目を集めてから、中間層や上位知識層を狙って行った方が圧倒的に効率的です。


無料メールマガジンのご案内


凄い人ではなくて、凄そうな人が最もウケやすい

凄い人は、知識がありすぎて、難しい表現や本質的な考えをSNSで発信する傾向にありますが、これではウケません。

だから演出するのであれば、凄そう!感。

もしフォロワーが少ない場合は、非知識層から見たら、難しすぎてわからない発信を多くしている可能性があります。

凄そう感は、綺麗な写真、独特なプロフィール、ギラギラした感じや、自己啓発的な投稿で演出できますよ。

もちろん、これを過度にやりすぎると、本来ビジネスのターゲットになる中間層と上位知識層から嫌われる危険性が高くなるのでさじ加減に気をつけるべきです。

手取り早く露出を増やすなら、やらせが効率的

とあるマーケティング業界で有名な人がツイッターを始めたら、ほんの数ヶ月でフォロワー5000人を超える事例が発生しました。

やり方は簡単で、「フォロワーをたくさん抱えている人に宣伝してもらった」だけ。

つまり、凄そうに見える人が凄い!といえば、簡単に凄そう感は演出されていきます。

ちょっと驚くべきことに、その人がどれだけの知識があって、市場にインパクトを与えていて、どのような経歴なのか?を一切気にせずに、5000人超の人たちはフォローしました。

嫌な言い方になりますが、SNSの利用者層の圧倒的大半は、このような非知識層。

なので発信する中身よりも、どのような見た目で、誰と繋がっているのか?が重要視されています。

もし一気にフォロワーを囲って行くのであれば、たくさんフォローワーを抱えている人に推薦してもらうのが手取り早いですね。

ちなみに、僕はこういうヤラセ的なことは嫌いなので、やっていません!笑

では、次に全ての集客に共通するマーケティング的考えに付いて話していきます。

SNS集客の3つのポイント

一番大切なのが、マーケティングの基礎部分。

  1. ターゲット
  2. オファー
  3. メッセージ

これらをしっかりしないということはなんのために「メディアで集客」をしようとしているのかその意図が僕には解りません。

というのも

この3つを徹底してやって、思考して、初めてメディアとしてのベースができます

mixiが登場して次にtwitterが流行って、facebookが流行って、ラインが流行って。。。。

たくさんのメディアの使用方法やこれらのメディアを使った集客方法はよく販売されていますし、実際に需要があるのでこれらの媒体のノウハウは高い値段で販売されています。

このノウハウを買って、あのノウハウを買って、新しいノウハウを買う・・・。

買い続けてもらえれば業者さんは儲かるのでは嬉しいのですが本質的なものを忘れているのではないか?と僕は思うのです。

  1. ターゲット
  2. オファー
  3. メッセージ

これらをしっかり定めることが出来たのであれば、使うメディアははっきり言って何でも良いですからね。

もちろん流行り廃りはありますが、基本的にはどれも一緒です。

確かに仕様は異なっていますがターゲットが決まれば、オファーが決まり、オファーが決まればメッセージが決まります。


無料メールマガジンのご案内


メディアを使ったビジネスで上手く行かない原因は3つが綺麗に整っていないことにある

メディアを使ったビジネスで上手く行かないのは

  1. ターゲット
  2. オファー
  3. メッセージ

これらのうちどれか、またはすべてに原因がある場合がほとんど。

回答2

もしいま育てているメディアが上手く行っていない感じがするのであればまずはこの3つを最初から見直すことが先決です

これをしっかりやっていないのにも関わらず

  • サイトを作成したり
  • 記事を作成したり
  • ランディングページを作ったり
  • facebookで記事を投稿したり
  • インスタグラムの手を出してみたり

これらをするのは無意味。時間的・金銭的なコストが多く掛かってきてしまいます。

問題は前の工程にある


もしメディアが上手く行っていないのであれば、メッセージに問題があり、
メッセージに問題があればそれはオファーに問題があり、

オファーに問題があるということはターゲット選定に問題があるということです。

これはビジネス本でもあまり書かれていないことなので
知らない人は非常に多いと思います。

もちろんメディア自体に問題がある場合もありますが、基本的に上手くいかなったらその工程の前を疑ってみてくださいね。

反応が悪いものは消していく

SNSの投稿で反応が悪いものはドンドン消していきましょう。

僕がSNSで累計1万人以上集めた経験からわかったことは、「ドンドン消した方がファンが付きやすい」ということです。

具体的にどのような基準のもとで、反応が良い悪いを決めていくのか?をツイッターを例に出して解説していきます。

これは僕のアカウントです。

これはtwitterアナリティクスのツイートアクティビティの画面です。

このようにどれくらい投稿がインプレッションされていて、クリックされているのかが全てわかります。

ここで重要なのが、エンゲージメント率

インプレッションの数はフォロワーの数に左右されるので基準にはなり得ません。

エンゲージメントが3%を超えているツイートと1%未満のツイートがあります。

エンゲージメントの平均値が2%だったとするならば、平均値よりも高いものを残し、低いものを消します

たったこれだけでもかなりアカウントの質が上がり、フォロワーは飛躍的に伸びていくでしょう。

このノウハウはSNS全般で使えるので必ず覚えておいてください。

「真似して」みる

エンゲージメントが高い投稿を繰り返していけば、簡単にフォロワーは増えていきます。

ではどうやったらエンゲージメントが高い投稿ができるのか?その答えは「真似」です。

ターゲットを選定し、市場調査をしていく段階でターゲットが好きそうなアカウントをベンチマークしておきます。

割り出したアカウントで非常に反応が良いものをテキストでまとめておき、それを参考にしながらSNSで投稿すれば質の高い投稿が簡単にできます。

全く同じ投稿は良くないので、元になるものを参考にしながら自分なりのオリジナリティーを出してください。

重要ポイント
ビジネスの基本は真似ること。真似てファンを増やしてからオリジナリティーを出していく

<関連記事>
サイト集客の合否は市場調査が鍵!売上に繋がる具体的なやり方を公開

最後に・・・

いろいろなsnsが台頭してきますが基本的にはどれも同じ。違うのは使い方だけであって、本質はほとんどは同じ。

ちまたでは「メディア」だけのノウハウが高額で販売されていますが、そもそもなぜメディアだけのノウハウに飛びついてしまうのでしょうか?

ターゲット、オファー、メッセージをしっかり選定することでどのようなメディアが来ても、取り扱っても一定の成果を出すことはできるはずです。

もちろん選定したこれら3つがいきなりパズルのようにバシっと決まる!
のであれば良いのですが基本的にはそれなりの試行錯誤が求めれます。

それで良いのです。

表面に見える煌びやかなものでもその見えない部分にある根っこが小さくて弱々しかったらそれは長続きすることは残念ながらないでしょう。

僕はインターネットマーケティングコンサルタントと名乗っていますが、
まずはターゲットの選定からしっかりとやっていきます。

需要がないところに供給はありません
なのですべての方に、全員には自分は商品販売することはありません。

メディアだけのコンサルティングもやってはいません。
しっかりと根を張ることが大切であり、見えない部分にどれだけ力を注ぎ集中して取り組むか?

これがビジネスをやって行く上で一番大切ですよ。

SNS集客ならお任せ
ツイッターやFacebook、ライン@、Youtubeなどで一定の成果を出してきました。

集客ノウハウを知りたい方や僕のコンサルティングに興味がある方はお問い合わせください。

メルマガもやっているのでぜひ登録してくださいね。

お問い合わせ
The following two tabs change content below.

「マーケの集い」主催 松本

代表合同会社WMC
平成生まれ。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。