これまで4年以上サイトを運営してきた中で、サイト集客を成功させるためには法則があることに気づきました。たくさんサイトを作って、運営して行く中で失敗も成功もしてきたつもりです。

「ただなんとなく作る」から脱却し、しっかりサイト集客できるようにしてくださいね。

108個の法則

  1. どのような人をサイト全体のターゲットにするか?を決める
  2. 1つの記事ごとにどのような人をターゲットにするか?を決める
  3. どうやってマネタイズするか?を決める
  4. 書く前にどんなことを伝えたいか?まとめる
  5. 記事を書く前に見出しを決める
  6. その見出しの中で伝えたいことはどのようなことなのか?をまとめる
  7. Yahoo!知恵袋やはてな匿名ダイアリーでペルソナの情報収集する
  8. 狙うキーワードでどれくらいPPC出稿されているか?を調べる
  9. h1タグを魅力的にする
  10. h2、h3タグなどのサブヘッドを工夫する
  11. 客観的なデータを付け加える
  12. 科学的な証拠を打ち出す
  13. 権威者からの推薦状をもらう
  14. 専門サイトからの被リンクをもらう
  15. 実際に試してみた!系のコンテンツ記事を入れる
  16. 表示スピードを上げるために画像を圧縮させる
  17. 使用していないプラグインはワードプレスから抜き出す
  18. 独自ドメインを使ってサイトをつける
  19. 有害なサイトから被リンクを送られているときはウェブマスターツールを使い、ブロックする
  20. メルマガ、SNS等からアクセスをサイトに送る
  21. 時にはリスティング広告からアクセスを集める
  22. ユーザーによって必要な情報を全て載せる
  23. ユーザーにとって不必要なコンテンツは入れない
  24. ミッシー(MECE)を意識し、もれなく、だぶりなくコンテンツを作っていく
  25. 文章の書き手をはっきりさせる
  26. 文章のターゲットをはっきりさせる
  27. グローバルナビは多くても7つ程度に収める
  28. ヘッダー画像は魅力的なものにする
  29. オリジナルを出すためにJAVA,Jークエリを使う
  30. ただしコードは重くならないように注意する
  31. SNSで記事公開したことを伝える
  32. 反応率をチェックし、仮設と検証を繰り返す
  33. 自分が上位表示させたいキーワードを明確にする
  34. 上位表示させたいキーワードで検索をし、どのようなライバルがいるのか?チェックする
  35. ライバルサイトを細かく分析し、市場の穴を見つける
  36. ライバルサイトよりも1点でもスコアが高い記事を書く!という意識を持つ
  37. できるだけ毎日記事更新を続ける
  38. ウェブサイトだけで情報収集せず、本やセミナー、権威者との会話の中でネタを探す
  39. 成約を出すことを意識し、成約が出そうなコンテンツを書き、キーワードをあぶり出す
  40. 自分以外の人に見せて、率直にどう思うか?を聞く
  41. できるだけたくさんのことを吸収し、色々なノウハウを実践してみる
  42. スマホ別、ブラウザ別にどのように表示されているか?をチェックする
  43. ウェブマスターツールを使い、記事タイトルのCTR(クリック率)を細かくチェックする
  44. ネットサーフィン中に自分がいいな!と思った記事はデータとして残しておく
  45. サイトを駆使し、どのようなマーケティングを組むべきなのか?絶えず考える
  46. うまくいっている人のノウハウを買ったり、コンサルティングを受けるようにする
  47. 無料で全てを完結させないようにする
  48. フリー画像ばかり使うのではなく、時には自分で撮った写真をアップロードしてみる
  49. 商品を紹介するなら実際に買って試して本気でレビューをしてみる
  50. 記事の直帰率をチェックする
  51. 記事の離脱率をチェックする
  52. PV数を引き上げる工夫をしてみる
  53. トップページには語彙を多めにして、コンテンツをしっかりと書く
  54. 自分のプロフィールは気合を込めて全力で書く
  55. 記事を開いた最初の10秒でサイト訪問者がどれだけ離脱するのか?を把握する
  56. ユーザーヒートを使って、コンテンツのどこまでみられたか?を把握する
  57. ユーザーヒートを使って、どの部分がクリックされているか?を把握する
  58. できるだけサイト表示スピードを高める
  59. 文章の導入部分は100〜200文字程度にする
  60. コンテンツの品質管理は徹底する
  61. 必要であれば追記をする
  62. 古い情報は訂正する
  63. Googleの意向を理解し、サイトに反映させる
  64. すぐに結果を出そうとせず、まずはユーザーに価値を与えることだけに注力する
  65. 正しいHTMLの構造でサイトを構造する
  66. クローラーが回りやすい構成にする
  67. httpsの暗号化されたサイトにする
  68. 記事中に内部リンクを適度に入れ、ユーザーが回遊しやすい構造を作る
  69. パンくずリストなどで移動しやすくする
  70. ユーザーがSNSで拡散しやすいようにボタンを記事下に設置する
  71. 上位表示を狙うキーワードは不自然にならないレベルで記事に入れて行く
  72. 画像にはしっかりとaltタグを入れて行く
  73. ページ数を増やしてインデックス数を上げていき、ドメイン自体の評価を上げて行く
  74. 記事中に広告を入れすぎない
  75. 引用を入れすぎない
  76. 自分の意見をしっかりと入れる
  77. 画像を引用する場合は、自社サーバーにその画像は保存させない
  78. 箇条書きにするときにはリストタグを使う
  79. できるだけたくさんの費用と時間をかける
  80. パーマリンクは記事ごとに自分で設定する
  81. SEOのトレンドについての情報収集を欠かさない
  82. 使っていないプラグインは削除する
  83. アイキャッチ画像を工夫する
  84. 自分が参入するジャンルについての勉強は欠かさない
  85. たくさんのインプットとたくさんのアウトプットをする
  86. ユーザーからの声を聞き、サイトに反映させる
  87. グローバルナビは多くても7つまでに設定する
  88. サイトのロゴやアイコン(ファビコン/Favicon)はオリジナルのものにする
  89. site:ドメイン名で検索し、サイトのどの記事が一番SEO効果が悪いのかを把握し、コンテンツを修正する
  90. ユーザーがなんども記事に訪れるようなコンテンツを作って行く
  91. 記事タイトルは32文字以内にする
  92. オンラインだけではなくてオフラインからもサイトを見てもらうように働きかける
  93. リスティング広告やSNS広告を使って、サイトにアクセスを流し込む
  94. ユーザーを騙すような仕掛けをサイト内で作らない
  95. 関連記事はプラグインで表示させるのではなくて、手動で入れるようにする
  96. レイアウトはなるべく1カラムまたは2カラムにする
  97. HTML、CSSでサイトのデザイン性を高めることよりもユーザーからの見やすさを大切にする
  98. WEBマスターツール用のサイトマップを作る プラグイン「Google XML Sitemaps」
  99. ユーザー用のサイトマップを作る プラグイン「PS Auto Sitemap」がオススメ
  100. カテゴリーには統一感を出す
  101. 鮮度の高い情報をコンテンツに入れて行く
  102. ニュース性、話題性、トレンド性を意識して、サイト記事を作成しアクセスを集める
  103. 滞在時間の目標は2分30秒以上にする
  104. 自分ではできないもの、自分でも他人でもできることは積極的に外注をして行く
  105. ドメインはなるべく、「.com」「.jp」を使用する
  106. 無理やりアクセスを呼ぼうとしてサイトのコンセプトに関係ない記事は追加しないようにする
  107. オウンドメディアの成功事例だけではなく、失敗事例も知っておく
  108. 狙うキーワードの月間検索ボリュームを記事を書く前に把握して行く