AIDMA(アイドマ)」「QUEST(クエスト)」をマスターすれば、初心者でも簡単にコピーライティングを書くことができます。

この型を使うことでサイトで商品を紹介した時の成約率は上がっていきますよ。

これはリアルでの営業活動やウェブ上で完結させるウェブマーケティングも同じです。

このAIDMA(アイドマ)の法則QUEST(クエスト)の法則はマーケティングを勉強している方なら一度は聞いたことがあると思いますが

今回、詳しくお話ししていきますね。

販売戦略やランディングページの構成を考えるときにはぜひAIDMA(アイドマ)を参考にしてみてくださいね。

ちなみにこれはアメリカのサミュエル・ローランド・ホールが提唱しているものです。

「AIDMA(アイドマ)の法則」は認知から行動までの消費者の行動モデル

  1. Attention
  2. Interest
  3. Desire
  4. Memory
  5. Action

これらの頭文字を取ったものです。

注意を引いて、興味を付けて、欲求を刺激して、記憶してもらってから行動してもらう。

覚えてることは非常に簡単なのですがこれを理解して実践していくことは非常に難しいんですよね。

どうやって見込み客へリーチして、注意を引いて、興味をもってもらって、信じてもらって行動してもらうのか?

これは広告の3原則の

  1. 見ない
  2. 信じない
  3. 行動しない

これらを意識することでもあります。

『興味をもってもらって、信じてもらって、購買してもらう』

ビジネスの基本的な構成を示していることがわかりますね。
ほとんどのランディングページやウェブマーケティングはこれを基礎として構成されています。

⇨何百万円の損失?広告3原則をなめるな!DRMの基本を全力解説してみた

パーツごとに考えて行く

  1. Attention
  2. Interest
  3. Desire
  4. Memory
  5. Action

マーケティングを考えるとき、コンテンツの修正を加えていくときにはパーツごとにみて行くと非常にやりやすいです。

見込み客への露出(リーチ)が少ないのであれば、基本的に最初のAttentionを変えて行かなければなりませんし、アクセスはあるけど売上に繋がらないのであれば最後の「Action」を変えて行かなければなりません。

注意は引いたけど、なかなか興味をもってもらえないのであれば興味付けが弱い証拠なので、見込み客が抱えているだろう悩みや欲求を刺激できるような文句に変えて行くべきでしょう。

QUESTの法則との違いは?

  1. Qualify
  2. Understand
  3. Educate
  4. Stimulate
  5. Transition

これがQUESTの法則です。

『興味をもってもらって、信じてもらって、購買してもらう』

これはAIDMAの法則と基本的には似ているように思えるのですが少し意味合いが異なっているんですよね。

最初の部分。

Attention と Qualify の部分です。
注意を引く」 と 「与える」 の違いです。

Qualifyの根本的な意味合いは「与える」であり、ビジネス的にいうとオファー(提案)に非常に似た意味合いを持ちます。

「注意を引く」と「与える」。

AIDMAの場合は、注意を引いて、向いてもらった注意をどうやったら信じてもらい、行動してくれるのか?が構成の基礎となるのですが、

QUESTの場合は、こちらが打ち出した魅力的なオファー(提案)の素晴らしさを理解してもらって正しい価値感を導き、行動してもらうのか?が構成の基礎となります。

簡単に言うと

見込み客の層がはっきりとは決まっていない(例えば20代、30代の女性)場合はAIDMAの構成
見込み客の層がはっきりと決まっている(例えば30代で都内で働いて○○に悩んでいて年収が○○○円)場合はQUESTの構成

言い換えると

ペルソナが決めることができないほどターゲティングの幅が広いとAIDMA
ペルソナがはっきりと決まっているのであればQUEST

こんな感じで使い分けてください。

AIDMAでもQUESTでも、最初の「注意を引く 」「(オファーを)与える」が一番大切になっていきますね。

AIDMAは 注意から行動 への流れですが

QUESTは 与える ことの信用性・信頼性を補強していくイメージです。
だから少し似ているようで「流れ」が逆になります。

The following two tabs change content below.

松本 達弘

「全国の落ちこぼれたちのスターになりたい」中学3年時の国語偏差値28英語偏差値32。平成。早稲田大学卒業(高校中退→大検→大学入学) 早大在学中にWebサイトを軸に起業。現在はウェブマーケティングを武器に会社経営中。